コソの出来事

SEARCH


2011SS Celine
2010.10.04 Monday
Phoebe PhiloによるCeline

単純にコレクションとしては素晴らしい。いまこのタイミングでPhoebe PhiloらしいCelineだとは言えると思いますよ。個人的には違和感が色々とあるにはあるのですが。どちらかというと好みの問題であったりするのでね。あれかな。襟なしってのがどうも引っかかるのかな。たぶん。ラストのホルターなブラックのジャンプスーツはお気に入り。












| 2011 SS Womens | 21:14 | comments(0) | - |
2011SS Lanvin
2010.10.02 Saturday
Alber ElbazによるLanvinの2011年春夏コレクション。

"Putting fashion back in its rightful place as a toolbox to serve the complex emotional and utilitarian needs of women’s lives is Elbaz’s chief insight"というVogue.comのSarah Mowerの評と、“It would be easier if I could say I believed in the seventies or the nineties. But I don’t. To be relevant, clothes have to be related to the time we live in”というAlber Elbazの言葉。

2010年代を活きる女性に贈る「いま」のモダニティ。

シャツやベストをベースにしたテーラードなルックや、ジップを使ったスポーティなディテールなども今季のトレンドとも重なるところ。ジップで素材とカラーを切り替えたシンプルなシルエットのワンピースなどがおもしろいですね。

またヒールではなくフラットなサンダルをドレスにも合わせた足元にも注目。終盤に並んだメタリックな装飾を施したグラディエーターなルックへの変化も興味深い。こういうハードでエッジーなテイストをエレガンスにすっと織り交ぜてグラマラスに演出してしまうのがAlber Elbazの素晴らしい才能でもあったり。

Karlie Klossの赤いドレスは圧巻。


















| 2011 SS Womens | 19:47 | comments(0) | - |
2011SS Balenciaga
2010.10.02 Saturday
Nicolas GhesquièreによるBalenciagaの2011年春夏コレクション。

ここでもパンクなテイストがClashやSex Pistolsといった音楽シーンと合わせてキーワードとして挙がってきますね。

いまのNicolas Ghesquièreの場合、テーマがなにかということよりも、キーとなるテーマとデザインのモチーフを元に、メゾンの技術を使って、ファブリックやプリントと装飾と色のミックスでどう遊んでどう落とし込むか、フォルムでCristóbal Balenciagaのアーカイヴがどのように参照されているかが常にポイントなので、そういう観点から見ると今回もよくまとまったコレクション。"In embracing women of different ages, touching on neon, and concentrating on daywear, this collection spoke confidently to all of the agendas this season has been worrying about"というVogue.comのSarah Mowerの評のとおり、トレンドへの回答も完璧。同じくSarah Mowerが最後に指摘しているとおり、パンクというテーマの扱い方や、特にボトムにかけてのボリュームやスタイリングに関しては、Comme des Garçonsとの類似性も感じられるものではありますが。

そしてフラットな足元がやはり気になる次第。














| 2011 SS Womens | 19:37 | comments(0) | - |
2011SS Isabel Marant
2010.10.02 Saturday
Isabel Marantの2011年春夏コレクション。

今年初めのCaliforiaへの初めての旅行からインスピレーションを得たという"California-via-Cannes"なコレクション。新たに今季のトレンドとして見えてきたスポーティなテイストを、西海岸のカジュアルさとリラックス感とParisのシックをミックスした、いつもながら見事なバランスのコレクション。

メッシュな素材やラグビーなストライプ、ヴィンテージ風のスタジャンやフィッシャーマンセーターのほか、サーフボードやスケートボードなアイテムも並びます。まあフォルムでは2010SSのAlexander Wangとか当然想起したりもするわけですが。あとミニのボトムやポインテッドな足元で締めるスタイリングに注目ということで。ここが一番重要。














| 2011 SS Womens | 19:35 | comments(0) | - |
2011SS Balmain
2010.10.02 Saturday
Christophe DecarninによるBalmainの2011年春夏コレクション。

今季最も評価が分かれたコレクションになりそうな気配なのですが、そのあたりはFashionistaとかFashionologieでもさらっとご確認いただくとして。内容はというと、ミリタリーに替わってパンクな要素をいつものChristophe Decarnin流のグラムなテイストにのせてみたという感じ。

Sex Pistolsとか2010-11FWのIsabel Marantとか Kate LanphearとかEmmanuelle Altとか色々キーワードは挙がっていますが、基本的には見たまま以上のものではないです。スポーティな流れはここでも明確に。東京目線を挟んでしまうと既視感もあり過ぎるくらいあるのですが、よくまとまっているのは事実。

個人的には、批判の中心がChristophe DecarninのBalmainはこういうテイストから大きく変化はしないはずという前提に立ったうえで、結局「値段高過ぎ」というところに集約されてしまっているようで、それ言い出すと他にも気になるものとかいくらでもあるなあなどと思った次第。日本のデザイナーとかもね。もちろんプライシングの話は理解できますけど。

あんまり服の話していない気がするが、ひとつここでもポインテッドトゥーな足元に注目ね。











| 2011 SS Womens | 19:33 | comments(0) | - |
2011SS Anne Valérie Hash
2010.10.02 Saturday
Anne Valérie Hashによる2011年春夏コレクション。

Anne Valérie HashくらいParisなセクシーを見せてくれるデザイナーってないんじゃないかといつも思うのです。今季はいつものようにペールなカラーを中心にしつつ、シルバーなグレーやサフランといった差し色がアクセントに。そしてソフトで軽い素材をスポーティなアイテムとミックスしながら、彼女らしいテーラードなルックがより前面に。

今季もラヴでございます。












| 2011 SS Womens | 19:31 | comments(0) | - |
2011SS Hakaam
2010.10.02 Saturday
Hakaan YildirimによるHakaamの2011年春夏コレクション。

今年のANDAMのウィナーとなり、Mert Alas & Marcus PiggottのMert Alasもcreative directorに迎え、フロントローにもEva HerzigovaやNaomi Campbellが並ぶなど、大きな注目を集める中で行われた最初のParisでのコレクション発表。登場したモデルもDaria WerbowyにNatalia Vodianova、そしてMariacarla Bosconoなどベテランのトップモデルがずらり。

Hakaanらしいミニマルでぴったりと身体に添うラインとテーラード。Style.comの評にもあるとおり、実際にアピールできるのはいまのところニッチな層になるとは思いますが、ミニマリズムとボディコンシャスを基調に、ここまで美しくセクシーな服をつくることのできるデザイナーはなかなかいないのではないかと。













| 2011 SS Womens | 19:26 | comments(0) | - |
2011SS Pedro Lourenço
2010.10.02 Saturday
Pedro Lourençoによる2011年春夏コレクション。

若干19歳のブラジル人デザイナーが2010-11AWに続いて、Parisでコレクションをお披露目。昨シーズンの成功を受けてさらに注目を集める中、引き続きレザーのアイテムを中心にフューチャリスティックな作品が並びました。Style.comの評にもあるとおり、Courrègesの未来的なフォルムやNicolas GhesquièreのBalanciagaに見られるジオメトリックなカラーと素材の切り返し、あるいはFrancisco CostaのCalvin Kleinのクリーンなミニマリズムと軽やかさのミックスなど、比較できる要素は様々ありますが、チュールとレザーの鋭いカッティングの組み合わせによる表情は独特。

恐るべき19歳にしばらく注目したいと思います。











| 2011 SS Womens | 19:02 | comments(0) | - |
2011SS Damir Doma
2010.10.02 Saturday
Damir Domaによる2011年春夏コレクション。

2シーズン目となるウィメンズ。昨シーズンやメンズで見せてきたレイヤードなテーラリングをロングなシルエットをダークなテイストで見せるいつもの雰囲気から、2010SSのメンズの印象とも少し重なる部分もありつつ、サフランイエローを中心に大胆にカラーを導入しながらソフトでクリーンなアプローチを見せています。

とはいえシアーなファブリックとリーンなシルエットや、タンクトップを多様したスタイリングで演出されるふわりとしたセクシーさ、テーラードとメタリックなアクセサリーによるマスキュリンなルックはDamir Doma独自のもの。

来季以降も引き続きウィメンズの展開が楽しみなDamir Domaです。











| 2011 SS Womens | 18:56 | comments(0) | - |
2011SS Issey Miyake
2010.10.02 Saturday
藤原大によるIssey Miyakeの2011年春夏コレクション。

ルックだけどうぞ。














| 2011 SS Womens | 18:55 | comments(0) | - |