コソの出来事

SEARCH


January 13, 2016 | Saint Laurent to Present Fall Collection in LA
2016.01.14 Thursday


 ブランドやデザイナーがコレクションをどういった場でどういった手法で見せていくべきかという問題は、ここ数年加熱するコレクションのサイクルやファッションウィークのスケジュールの過密化、またインターネットやソーシャルメディアの普及による情報消費のスピードの加速で、コレクション発表と販売のタイミングのずれに対する違和感が大きくなってきていることもあり、ファッション・システムの根幹に関わる課題として、これまで以上に様々な議論がなされるようになってきています。デザイナー側も、DiFaの2015年のまとめの後編でご紹介したTom FordやMisha Nonooの事例や、また先週のRoundupで触れたRebecca Minkoffの一般消費者も招待したインシーズンのコレクションのショーなど、それぞれ独自に新たな試みに取り組み始めました。

 そんな中、Saint Laurentが2016年秋冬のメンズのコレクションとウィメンズのコレクションの"Part 1"のショーを、NYのファッションウィークが始まる前日の2月10日にLAのPalladiumで行うことを発表。メンズはもともとParisのファッションウィーク期間中の1月24日に予定されていたのですが、これまで使われてきた会場はキャンセルされているようです。ウィメンズについては、通常のParisのファッションウィーク期間中の3月7日に"Part 2"としてショーで見せるとのこと。

 2008年からLAに住み、2012年にSaint Laurentに招かれてからそのスタジオもLAにつくってしまった、クリエイティヴ・ディレクターのHedi SlimaneのLAへの想いが結実した結果という雰囲気。またHedi Slimane Diaryの10周年ということもあり、新たに動画による"Music Portrait Video"という形でのキャンペーンも。

 ただ気になるのは、年初に出たHeli SlimaneがSaint Laurentとの契約を更新しないのではという噂が再びメディア(しかもWWD)に登場しており、しかも今回は後任の最有力候補としてAnthony Vaccalleroという具体的な名前まで挙がっているということ。このLAのショー関連の集大成感がかえってこの噂に真実味を与えている部分もあり、真相が非常に気になるところではあります。個人的には、Anthony Vaccalleroはほぼデビュー時からずっと推しているデザイナーなので、それはそれで楽しみではあるのですが。







■ Saint Laurent Will Present its Fall Collection in Los Angeles Before Fashion Week (Fashionista)
■ Hedi Exiting YSL? Vaccarello Said in Wings (WWD)
| Fashion/Mode | 02:00 | comments(0) | - |
January 12, 2016 | Brunello Cucinelli Revenues Up 16.3% in 2015
2016.01.13 Wednesday
 Jimmy ChooやMonclerにPrada、Michael Korsなど、ここ数年相次いだラグジュアリーブランドのIPOですが、その中でも安定して好調な実績を残しているのがBurunello Cucinelli。2015年の売上は速報値で前年比16.3%増の455.4百万ユーロ。為替変動を差し引いても9.5%成長となっています。

 地域別の売上を見ていつも思うのはそのバランスの良さ。トレンドに左右されるようなブランドではないですしまた価格帯もどのカテゴリでも高めということもあると思うのですが、成長ペースも中国やアジアに偏り過ぎない形になっています。具体的には本国であるイタリアが19.4%でこちらは3.7%成長。イタリアを除く欧州は売上全体の31.1%を占めこちらは前年比10.4%の成長。北米が最大市場で37.8%のシェアとなり前年から27.5%増。中華圏は6.2%のシェアで23.4%成長、その他地域は残りの7.7%で前年比18.2%増となっています。

 直営の小売ネットワークは30%増で全体の46.6%にまで増加し、こちらは直営店のオープンが効いている感じ。2013年からの約120百万ユーロの投資計画で主に直営店と拠点であるSolomeoの製造能力の拡大に力を入れてきましたが、2016年は"Great Internet Project"の一貫としてデジタル回りのプレゼンスの強化を中心に据えていくようです。

 今後も業績の推移に注目していきたいBurunello Cucinelliでした。
| Fashion/Mode | 01:08 | comments(0) | - |
January 8, 2016 | HBC to Acuire Gilt Groupe for $250m
2016.01.11 Monday
 少し前から噂にはあがっていましたが、Hudson's Bay Co. Inc.がUSでのファッション系フラッシュセールサイトのGilt Groupeを250百万ドルで取得することが明らかに。傘下のSaks Fifth Avenueのオフプライス業態であるOff 5thに組み込む計画のようです。

 HBCはこれまで保有していた百貨店チェーンのHudson's BayとLord & Taylorに加え、近年は取得した店舗の不動産運用も含めた買収攻勢でかなり積極的な拡大戦略を展開しており、2013年にはSaks Fifth Avenueを、2015年には欧州のKaufhofを取得。今回のGilt Groupeの取得で北米に関してはほぼフルラインが揃った印象です。次は欧州のオンラインコマース系をどこか取得するのではないかとちょっと思ってしまいますが。

 リーマン・ショックというタイミングもあり、新しい在庫処分先として急成長したファッション関連のフラッシュセールサイトですが、ここ数年は徐々に回復する景気やブランド側の在庫コントロールにダイレクトなチャネルの強化、また当初の勢いに任せた急激な地域や分野の拡大とその反動に伴う縮小で、明らかに業態としてのモメンタムは落ちている状況。早い段階でNordstromに買収されたHauteLookや、一度はNieman Marcus Groupの出資を受けたものの、ジュエリーの周大福や不動産開発の新世界発展を保有するChow Tai Fookに株主を替えて得意市場であるアジアにフォーカスを絞っているGlamour Sales、またGrouponに買収されたIdeeliなど、大手で独立を維持しているのはGilt Groupeだけとなっていました。

 フラッシュセールサイトブームの完全な収束とHBCの積極的な拡大戦略という、ふたつのポイントで象徴的な出来事ということで。特にHBCの動向は今後も注目ですね。

■ HBC Agrees to Buy Gilt Groupe to Expand All-Channel Push (WWD)
■ HBC Forms Real Estate JVs (WWD)
■ Richard Baker Puts Focus on HBC's Real Estate (WWD)
■ Hudson’s Bay to Announce Accepted Bid for Kaufhof (WWD)
| Fashion/Mode | 23:06 | comments(0) | - |
January 7, 2016 | BBDO Take Majority Stake in Wednesday Agency Group
2016.01.08 Friday


 Omnicom Group傘下のBBDO Worldwideが、ファッションに特化したクリエイティヴ・エージェンシーのWednesday Agency Groupの過半の株式を取得というニュースが。金額等の詳細は明かされていませんが、ファウンダーのJens GredeとErik Torstenssonが引き続きWednesdayをリードしていく模様。

 Wednesday Agency Groupの手掛けたお仕事としては、昨年話題となったCalvin KleinのJustin BieberとLara Stoneによるキャンペーンが直近では最も有名でしょうか。数多くのブランドをクライアントとして抱えているWednesdayですが、より包括的なサービスを提供していくためにはグローバルなネットワークとデータアナリティクスなどの面で大きなグループの傘下に入ることが有効と考えたようです。ファッションに特化したクリエイティヴ・エージェンシーとしてはよりデジタルに強いCreatethe Groupなどが昨年は色々と問題を抱えていたりなどしましたが、インディペンデントで続けていくにはなかなか厳しいフェーズに入ってきているのかなという印象を改めて受けた次第です。

 WednesdayのトップのJens GredeとErik Torstenssonは、他にもIndustrie MagazineやFrame Denimのビジネスも展開していたり、Erik Torstensson自身もフォトグラファーとして様々なファッションブランドのキャンペーンを撮っていたりと、非常に多才。大きなバックを得た彼らのこれからの活動に注目していきたいところです。

■ BBDO Acquires Wednesday Agency Group (Business of Fashion)
■ As Market Shifts, Digital Agencies Restructure (Business of Fashion)
■ Createthe Group’s New Chapter (WWD)
| Fashion/Mode | 02:35 | comments(0) | - |
January 6, 2016 | LVMH's Private Equity Unit to Merge With Catterton
2016.01.07 Thursday


 今年も年初から大きなニュースが続々と。LVMHの投資部門であるL Capitalが、コンシューマ分野にフォーカスしたプライベートエクイティのCattertonと一緒になり巨大な投資会社が誕生することに。新会社のL Cattertonは、Cattertonのパートナーが60%を保有し、残りの40%はLVMHとそのオーナーであるBernard ArnaultのGroupe Arnaultに。ConnecticutのGreenwichとLondonの2拠点体制で、120億ドルという巨大な資産規模を目指す計画とのこと。

 L CapitalはこれまでSMCP(SandroやMajeとClaudie Pierlotの保有会社)やGant、Pepe Jeans & Hackettへの投資実績があり、現在もGiuseppe Zanottiなどを保有しています。近年はコンテンポラリーやラグジュアリーカテゴリに属するファッションブランドに限らず、L Capital AsiaやL Real Estateを通じ、アウトドア関連やアジアの飲食関連や不動産、クルージング関連などライフスタイル的な事業全般への投資が目立っていました。Cattertonは主に北米の企業を中心に投資しており、John HardyやSweaty BettyにFrédéric Fekkaiあたりがファッション関連だと目立った実績になります(あまり北米ではないですが)。

 今回のL Cattertonへの統合は、L Capitalの欧州とアジア及び不動産の強みとCattertonの北米での強みを合わせ、また単に投資に留まらずLVMHの持つ事業ノウハウやネットワークも投資先に活かすことで、より大きな果実を全世界のコンシューマ分野で得ていこうという大胆な意図が背景にあるものと思われます。

 Bernard Arnaultは、既に1998年からCattertonのファンドへの投資は続けていたということで、実績も折り紙つきということなのでしょう。LVMH本体もそのポートフォリオの幅広さからくる安定感は、他のラグジュアリーコングロマリットの追随を許さないものですし、投資戦略家としての本領がまさに発揮された案件かなという印象を受けた次第です。

■ Arnault, Catterton to Create Consumer Investing Giant (WWD)
■ LVMH’s Private Equity Arm to Merge With Catterton (The New York Times)
■ LVMH to Combine Private Equity Unit L Capital With Catterton (Business of Fashion)
| Fashion/Mode | 02:16 | comments(0) | - |
January 4, 2016 | Louis Vuitton's Sping Ads Features “Final Fantasy” Heroine Lightning
2016.01.04 Monday

Reality and fantasy become one : lightning a genuine heroine in the new @louisvuitton series 4 ad campaign

A video posted by 🆖 (@nicolasghesquiere) on



 Louis Vuittonの2016年春夏のコレクションはエヴァンゲリオンなど日本のアニメなどがインスピレーションソースとして挙げられていましたが、"Series 4"となる広告キャンペーンでいきなりFinal Fantasy XIIIのヒロインであるLightningをフィーチャーした動画をアーティスティック・ディレクターのNicolas GhesquièreがInstagramで公開。Square Enixで同作を担当した野村哲也氏とチームが直接手掛けるという、インスピレーションソースをそのままキャンペーンとして使ってしまうという力技です。動画のルックのひとつをショーで来ていたFernanda Lyもピンクのヘアーで有名ですがこれまたダイレクトすぎて潔いといいますか。

 これまでのNicolas Ghesquièreによる3回のメインコレクションのキャンペーンを手掛けてきたBruce WeberとJuergen Tellerも引き続き。Bruce Weberの方にもサプライズがあって、Jean Campbellらモデルと並んでWill Smithの長男で俳優やミュージシャンとして活躍し始めているJaden Smithがウィメンズのコレクションを着てしまうというまさにいまの雰囲気を体現した内容に。Weberだからこその要素はありますね。またJuergen Tellerは、韓国の女優でNicolas GhesquièreのInstagramにも頻出のDoona Baeをモデルに。こちらはこれまでのJennifer Connelly的な役どころになりますでしょうか。

 Nicolas Ghesquière的視点からは全く違和感も振れもないキャンペーンのクリエイティヴなのですが、国とか層によってどう受容されるのかが相当検討がつかないので随分リスク取るなあというのが率直な感想ではあります。好きですけどね。


Lightning for @louisvuitton #lvss16

A photo posted by 🆖 (@nicolasghesquiere) on



Striking @doonabae is starring in the new @louisvuitton Series 4 ad campaign SS16 pic by Juergen Teller

A photo posted by 🆖 (@nicolasghesquiere) on





 ちなみにLightning着用のルックは全部ではないのと一部バッグ違いますがランウェイではこんな感じ。









■ Vuitton’s Spring Ads: From ‘Final Fantasy’ to Jaden Smith (WWD)
■ Louis Vuitton Spring 2016 Ready-to-Wear Collection (Vogue)
■ The Secret Anime Muses Behind Louis Vuitton’s New Collection: From Sailor Moon to Evangelion (Vogue)
| Fashion/Mode | 23:47 | comments(0) | - |
January 3, 2016 | Tory Burch Engaged
2016.01.03 Sunday

We are tying the knot...#blessed #engaged #happynewyear

A photo posted by Tory Burch (@toryburch) on



 デザイナーのTory Burchが交際が伝えられていたLVMHのPierre-Yves Rousselとの婚約をInstagramでアナウンス。Pierre-Yves RousselはMcKinsey & Companyのパートナーを経て2004年にLVMH入りし、現在はCélineやGivenchyにLoeweなど(要はLouis VuittonとFendiとDior以外の)のブランドを統括するFashion GroupのCEOを務める人物。

 もともと2013年の2月に行われたTory Burchの2013年秋冬のショーのフロントローにRousselが座っていたことから、LVMHがTory Burchに投資をするのではという噂が出たのですが、その後1年半ほど経った2014年7月にどうやらふたりは交際しているらしいニュースが出て、今回に至るという流れになっております。

 もちろんお幸せにという話ではありますし、こうなってくると逆にLVMHとしての投資の話はないのかなという感じがしますが、ただ元Ralph LaurenのRoger Farahを共同CEOに迎えて非上場路線で着実にビジネス拡大を進めるTory Burchに、なんらかの形で将来的にRousselが関与していくということはあるのかとかないのかとか、ちょっと気になる話題ではあります。

■ Tory Burch Engaged to LVMH’s Pierre-Yves Roussel (WWD)
■ Front Row at Tory Burch (WWD)
■ LVMH TO INVEST IN TORY BURCH? (Fashionista)
■ Fashion’s newest power couple: Tory Burch and Pierre Yves-Roussel (Page Six)
■ Tory Burch and Roger Farah: A Private Conversation (WWD)
| Fashion/Mode | 23:14 | comments(0) | - |
Style.com to be Transformed Into Global Online Commerce Platform
2015.04.28 Tuesday
ファッションメディアとオンラインコマースの双方の業界に大きな衝撃をもたらすニュースが。


Condé Nastにより2000年にVogueのオンライン版的な位置づけでローンチされ、コレクションメディアとして唯一無二のポジションを確立してきたStyle.comが、この秋にグローバルなオンラインコマースサイトとして生まれ変わることになります。


Style.comのコレクション速報やファッションニュースなどを含むエディトリアルコンテンツは、Vogue傘下でこの秋新たにスタートするvougerunway.comへとリニューアルされ、スタッフの多くもVogueのチームに移ることになるようです。


そしてオンラインコマースサイトへと転換することになるStyle.comについては、以下がポイントになるかと。

 ・ 2014年12月にCondé NastとCondé Nast Internationalが共同で設立したオンラインコマース部門が管轄
 ・ 同部門のプレジデントとしてGaleries Lafayetteから1月に迎えられたFranck ZayanがStyle.comのプレジデントに就任
 ・ 人材採用の観点やオンラインコマース市場の先進性の観点から同部門と同じく引き続きLondonを拠点とする
 ・ エディトリアル・ディレクターにASOSで同職を務めたMelissa Dickを採用
 ・ 他にもNet-a-PorterやFarfetchからも採用を進めている模様
 ・ この秋にまずはLondonからローンチ、続いて2016年初めにUSへと展開
 ・ 向こう2年から3年で100百万ドルを投資
 ・ 当面はマーケットプレイスモデルを取り、自社で在庫は持たない
 ・ Condé Nast各誌のコンテンツからワンクリックでのユニバーサルチェックアウトを提供し利便性は担保
 ・ エディトリアルとコマーシャルの'church and state'な分離は継続
 ・ Condé Nastの雑誌ポートフォリオを反映し、ファッションのみならずビューティやアートにガジェットまで、100から200のブランドの商品をを扱う


Style.comに関しては、2000年のローンチ後は、2010年に同じくCondé Nast傘下でWomen's Wear DailyなどをもつFairchild Fashion Media Group(後に元々のFarichild Fashion Meidaに名称変更)に編入され、情報メディアとしての正確を強めたものの、2014年8月にFFMがCondé NastからPenske Media Corp.に売却される際に、Style.comとNowManifestはCondé Nast内に残りVougeの編集長でCondé Nast全体のアーティスティック・ディレクターも兼ねるAnna Wintourの管轄下となっていました(ブロガーネットワークのNowManifestは間もなくクローズ)。この段階から、2010年のVogue.comのローンチ以降は情報に重複が目立つようになってきた、Style.comのVogueへの統合は検討されてきたものと思われます。現在Anna WintourとVogueの発行人のSusan Plagemannへのレポーティングとなっている、Style.comの編集長と発行人をそれぞれ務めるDirk StandenとMatt Riceの去就も気になるところではありますね。


いずれにしてもFranck Zayanが“Style is an extremely powerful brand. In many ways it is Condé Nast’s middle name”と話してるとおり、"Style.com"という名称は非常に強力ですし、またCondé Nast InternationalのJonathan Newhouseの“If these e-commerce companies are paying a lot of money to reach the people who read our magazines and use our websites, why should not we, who know our customers better than anyone, who have more information about and understand them and already have a relationship with them? Why should we not also offer them this service? Can’t we do it better?”というコメントが端的に表しているとおり、既存のファッションオンラインコマースサイトにとっても非常に強力なライバルが出現することになると思います。


あるいは今月初めに明らかにされたYooxとNet-a-Porterの合併もこうした動きを捉えたうえでのことだったのではないかと勘繰ってしまいたくなるくらい。


新生Style.comもVoguerunway.comでの新たなコレクション情報も、この秋を楽しみに待ちたいと思います。
| Fashion/Mode | 02:24 | comments(0) | - |
12 Tableaux - Barbara Casasola / Marie Schuller
2014.01.18 Saturday
 Fashion Copiousで気がついたのですが、先日ご紹介したBarbara Casasolaの2014年秋冬のPittiでのプレゼンテーションにあたって、SHOWstudioのプロジェクトでMarie SchullerがディレクションしJamie Bochertが出演したフィルムが。




"Pitti Uomo's A/W 14 guest womenswear designer, London-based Brazil-born Barbara Casasola, collaborates with SHOWstudio and muse Jamie Bochert on a series of film pieces to compliment her Menswear for Women capsule collection. SHOWstudio's Marie Schuller produced sixteen looping mini films to be projected around Casasola's presentation in Florence, as well as one beautiful fashion film, which can be viewed exclusively on SHOWstudio.

The projections and film channel the intimate aesesthic of screen tests, and focus not on showing off Casasola's clothes but rather on capturing the independent spirit and playful attitude of celebrated model Bochert, who is the perfect example of the independent Barbara Casasola woman. Many of the projections explore nudity or the naked body getting dressed, offering a sensual nod to Casasola's obsession with the unclothed female form when designing."

| Fashion/Mode | 13:24 | comments(0) | - |
The Annual Costume Institute Gala for "Alexander McQueen: Savage Beauty"
2011.05.04 Wednesday
さて"Party of the Year"ですよ。「オスカーのレッドカーペットの東海岸版」といった表現もされたりしていますが、まあ全然こっちの方が重要です。少なくともファッション的には。

今年のテーマはご存じのとおり昨年亡くなったAlexander McQueen。エキシビションの内容は各所で語り尽くされている感もあるのでここでは改めてご紹介はいたしませんが、NYに行く機会のある方はぜひに。いやこのためにNYにお出かけしてもよいくらいなのではないかと。5/4から7/31まででございます。

そして例年通り超私的なルックのピックアップですが、Alexander McQueenが多いのは当然としてそれ以上に目立ったのが実はStella McCartneyでしたねぇ。同じPPR的ななにかなのでしょうか。個人的には超絶な妄想シナリオを思いついたもののまあそれはないだろな。。。

出席者が何を着ていたかのアルファベット順のリストや、いつのAlexander McQueenのどのルックを着ていたかのリストなどもご参考にどうぞ。


まずはDaphne Guinness様。今回のベストはこの方以外にありえませぬ。異論は認めない(笑)。着ていたのはこの2011SS。


このGalaの主催であるVogueのAnna Wintour & Bee Shafferの母娘。Anna Wintour女史はChanelのクチュール、Bee ShafferはBalenciagaで。敢えて外して来ましたね。Daphne様の次点はElettra Wiedemann。以前Twitterでご紹介した祖母のIngrid BergmanのドレスのPrabal Gurungによるリメイク。


VogueのHarmish BowlesもAlexander McQueen。これが出来るひともなかなかいないですな。André Leon Talleyはいつもどおりですがどこで調達してるんだろ。


そしてCiaraとDemi MooreのPrabal Gurungもよいわけですよ。Demi MooreのヘッドピースはPhilip Treacy。


これまた個人的に高評価のGwyneth Paltrow。Stella McCartneyのドレスにFred Leightonのジュエリーを合わせて。Naomi WattsもStella McCartneyなんだよね。今年ほんと多い。


Crustal RennはZac Pozenのゴージャスなブラックのドレスで。これもよいセレクト。Christina RicciのZac Posenも彼女らしいテイスト。


左のMary-Kate OlsenはヴィンテージのGivenchyにVan Cleef & ArpelsとDavid Webbのジュエリーを合わせて。右のAshley OlsenはこちらもヴィンテージのChristian Diorのクチュール。ジュエリーはVan Cleef & Arpels。Olsensはさすがのセレクト。


Zoe SaldanaのCalvin Klein Collectionもいつもながら良いですねー。デザイナーのFrancisco Costaと。右はFlorence WelchとStefano Pilati。Florenceの雰囲気にぴったりなドレスはYves Saint Laurent。この2人も今回トップ10に入るかなー。


Isabel LucasのLouis Vuittonも好きである。そしてChanel Imanとこの春夏のDolce & Gabannaであれば外しようがない。


左はMariacarla BosconoにLiv TylerにRiccardo Tisciに加えてMarina Abramovićの4ショット。もちろんGivenchyのクチュールで。右はTheyskens' Theoryのカスタムドレスで登場したAimee Mullins。デザイナーのOlivier Theyskensと。


Blake LivelyとKarl Lagerfeld。Blakeは当然Chanelのクチュールですが大帝はTom Fordなのね。右はDian KrugerとJason Wu。DianにはこのJason Wuのドレスが合っているとは思うのですがちょっと物足りない感がなくもない。


Amy AdamsはL'Wren Scott。RihannaのStella McCartneyも悪く無いですけどねー。


Margherita MissoniとJoy BryantのMissoniも素敵。Renée ZellwegerはCarolina Herrera。


Kerry WashingtonのEscadaとかも。クラッチはSwarovskiでジュエリーはH.Stern。Emma RobertsのMichael Korsもよいと思いますです。


Jessica Stamはドレスに合わせたヘアスタイルがキュート。Tommy Hilfigerのドレスに足元はRoger Vivierで。Alexa ChungはChristopher Kane。意外な組み合わせだけれど合ってますね。


Hailee SteinfeldはStella McCartneyのドレスに足元はNicholas Kirkwood。Saoirse RonanのRodarteというものを見逃しておりました。


Mia WasikowskaとThakoon Panichgul。MiaはThakoonのドレスにTasaki by Thakoonのジュエリーで。Mia好きなんですが今回はちょっと微妙ですなあ。Emma StoneのLanvinもちょっと難ありではある。


Lee MicheleはEscada。Leeをどうすればよいのか誰かそろそろ真剣に考えた方がよいのではないだろか。Emily Browningも結構難しいですな。着ているのはMarc Jacobs、隣はMax Irons。


Rolf SnoerenとViktor Horsting。どちらもViktor & Rolf Monsieur。Lara StoneとDavid Walliamsのご夫妻。LaraはCalvin Klein CollectionのドレスにHarry Winstonのジュエリー。


Kristen StewartはProenza Schouler。デザイナーのJack McColloughとLazaro Hernandezの2人と。J.CrewのJenna Lyons、Eddie Borgo、Arizona Muse、Joseph Altuzarraの4ショット。ArizonaはAltuzarraで。Jenna Lyonsの存在感。



続いてAlexander McQueenを着ていた人々の元のルックとの比較など。

Coco Rochaは2011 Pre-fallのこのルック。


個人的にはKaren ElsonのAlexander McQueenが一番好きかもですが。2004SSから。


Salma HayekとFrançois-Henri Pinault。クラッチもMcQueen。Salmaのドレスはコレクションピースとは別のカスタムメイドのアーカイヴらしい。オーナー夫妻ですからねー。右はCatherine妃のロイヤルウェディングのデザインという大役を見事務めたAlexander McQueenのSarah Burton。さてこれでDiorの後継レースでも俄然注目度アップということになりますか。。。


Naomi Campbellは2011-12AWのこのルックのカスタマイズですね。クラッチもMcQueen。ジュエリーはFred Leighton。


Raquel Zimmermannは2011-12AWのドレスを早速。


Gisele BündchenとTom Brady。Giseleは2005-06AWのドレスにVan Cleef & Arpelsのジュエリーで。Giseleは白でも良かったと思うけどゴージャス。それよりTom Bradyのヘアスタイルがー。


Sarah Jessica ParkerもジュエリーはFred Leighton。Giseleと同じく2005-06AW。


Hilary Rhoda。2011SS。


えっと。Anna Dello Russo。こちらの2011SS。



以下一応拾っておいたひとびとをご紹介。


Marc Jacobs & Robert Duffy。これは想像どおりすぎる(笑)。Jay-Z & Beyoncé。Emillio Pucciで。Jay-Zの髪型がなんか気になるのだがまあいいか。


Amar'e StoudemireはCalvin Klein Collection。Stoudemireとのコラボレーションもしている隣のRachel Royは自身のデザインのドレスで。Kanye WestはTory Burchと。KanyeはカスタムメイドのメンズのTory Burch。布石。ということはないか。


Michael Kors & Dianna Argon。赤でそつなくこなす感じがDianna Argonっぽくて非常によろしい(笑)。右のAlexander Wang & Natasha Polyはセクシー。


Sophia CoppolaはLouis Vuittonで。それもそだよねー。MadonnaまでStella McCartney。ジュエリーはCartier。


Valentino Garavani御大がNatalia Vodianovaとやってきた。右はElle & DakotaのFannings。こうして見ると結構顔違いますねー。どちらもValentino。


Miranda Kerr & Orlando Bloom。MirandaのこのMarchesaはどうなんだろというあれですがまあいいか。Mirandaだし。そして結婚式を間近に控えているKings of LeonのCaleb FollowillとLily Aldridge。ご両人ともRalph Laurenで。


Imanは神々し過ぎます。David Bowieの分まで。右は濃すぎて怖いMarchesaの2人にFergieにJosh Duhamel。


Swizz BeatsとAlicia Keysご夫妻が。2人ともGivenchy。右のJanelle MonáeはChanel。Tweetを眺めてたらどうもパフォーマンスもしたっぽい。


Tara Subkoffと「英国王のスピーチ」の監督のTom Hopper。右はMatthew Bellamyと婚約したばかりのKate Hudson。これまたStella McCartney。

| Fashion/Mode | 11:35 | comments(2) | - |