コソの出来事

SEARCH


2007SS A.F. Vandevorst
2007.01.01 Monday
個人的な思い入れから毎シーズン追いかけている、フィリップ・アリックスとアン・ヴァンデヴォルストによるA.F.ヴァンデヴォルスト

シャープなカッティングのテーラリングとランジェリールックのミクスチャーという、彼らのシグニチャーなスタイルはそのままに、官能と禁欲が同居し、どこかエスニックな薫りと宗教的な雰囲気の漂う、不思議なコレクションを見せています。

キーとなるのは、シャツドレスやフード付きのワンピースやロングニットからトレンチコートに至るまで、あらゆるアイテムで用いられたフード。特に口を細いテープで覆われたモデルのルックは、修道女のようなクリーンでニートなテイストを感じさせる一方で、中近東の女性の纏うベールのようでもあります。身体に巻きつける形のフード付きのワンピースもエスニシティを強調するアイテム。ワイドなパンツとジャケットとベールのスタイリングは、未来の遊牧民のようでもあります。レザーを編み込んだエプロン風のトップスとワンショルダーのドレスとのコーディネートは、静かなセンシュアリティを主張しています。

終盤に並んだエレクトリックなブルーの作品が鮮烈な印象。ホルターのガウンやペイズリーのフリュイドドレスは、彼らが時に仄めかす美しいドレスを生み出す才能の片鱗を見せています。

フラットで丸みのあるアンクルブーツが、いつものファニーでシニカルな効果を演出するスパイスになっているのもおもしろいですね。

要所要所でトレンドを押さえながらも、いつもと変わらない彼ららしいコンセプチュアルで興味深いコレクションを見せてくれたA.F.ヴァンデヴォルストでした。








| 2007 SS Womens | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL