コソの出来事

SEARCH


2007SS Lanvin
2006.12.31 Sunday
敬愛するアルベール・エルバスによるランバン

ここ数シーズンの傾向と大きく変わらない、少しボリューム感を持たせたLBDやワンピース、ビスチェスタイルのドレス、ミニスカート、そして美しいトレンチといったお馴染みのアイテムを中心に、一目でエルバスのデザインとわかるプロポーションとシルエットの作品が並びます。

異なるのはその素材使いとディテールのアイデア。素材ではポリアミドとポリエステルで作られたパラシュート生地や、シャイニーなナイロン、シルクとポリアミドを交織させてウォッシュしたシャンタン。ワークウェアやミリタリーの影響を感じるパッチポケットの配置や、スポーティなファスナー使いに、グログランのストラップ。ラバーのチュニックや濡れたように表面を加工されたトレンチコートやジャケット、そして鋲打ちされた甲冑のようなドレスに、宇宙服のようなプロポーションをシャイニーだけれど柔らかい印象のファブリックで表現したオールインワンのジャンプスーツ。

装飾を一切排したスポーティでアスレチックな素材使いが、いつもとは違った切り口でタフネスとリアリティを演出しています。同じフューチャリズムでもバレンシアガやフセイン・チャラヤンを中心に見られた「コスチューム・プレイ」的なアプローチと一線を画し、デイリーウェアとしてのドレスというリアル・クロースに昇華させています。

いつもよりロマンチックな雰囲気は抑えめでも、エレガンスを忘れないのがエルバスのクリエイションの素晴らしいところ。終盤に登場した体のラインを優しくなぞるイヴニングドレスは、いつもながら溜め息が出そうな程に美しい作品。それと、アシンメトリーなミニドレスがいくつか見られたのは、今季の特徴のひとつかもしれません。

グッチのフリーダ・ジャンニーニのコメントにもありましたが、アルベール・エルバスにとっても60年代をインスピレーションのひとつとした最大の理由は、なによりも"freedom"。その自由が求めるものが何か、自由な精神が志向する先はどこか、と考えたときに自然と出てきたのが新しいタフさとセクシーさ、そしてフューチャリズム。
"With freedom of spirit, you can go further. I wanted to touch technology, engineering, silicone, nylon, metal, and plastic. And a new place for the pragmatic."
やっぱり誰が何と言おうと、いま一番好きなデザイナーはアルベール・エルバスです。他には考えれらない。もう一生着いて行ってもいい気分です。掲載するルックももう少し絞ろうかと思ったけれど、気に入ったものは全部載せちゃいます。

というわけで、今季もまた手放しで絶賛してしまったアルベール・エルバスによるランバンでした。














| 2007 SS Womens | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL