コソの出来事

SEARCH


2007SS Prada
2006.12.31 Sunday
常に未来を我々に提示してくれる、ミウッチャ・プラダによるプラダ

今回は中近東やアフリカ、そしてインドに着想を得たエスニックな要素を、ウルトラミニを中心としたショートでコンパクトなフォルムに落とし込み、ボルドーやパープル、ブラウンといったダークカラーで表現。特にチュニックがセクシーで素敵。

ターバンにレザーのフリンジをあしらったり、ジオメトリックなプリントなどのエスニシティで遊びながら、ダークに輝くサテン素材をクチュール的なアプローチで用いて絶妙なボリューム感を実現。

朱色をベースにしたカモフラージュ・プリントのワンピースや、サテン地の大きめなマウンテン・リュックなどどこかサバイバルな雰囲気も。

それでもトータルなテイストはあくまでグラマラス。特に中盤以降に見られるブラックのロングドレスが秀逸です。

そのクリエイションの力に圧倒されるのだけれど、個人的にはまだ消化しきれていないというのが事実。何回か見ているのですが、ちょっとこういう感覚は初めて。違和感があるということもなく、スタイリングも個々のアイテムも完璧なのに、不思議でございます。

そんなわけで、若干の戸惑いを覚えながらも、モードの予言者としてのミウッチャ・プラダのパワーを改めて確認することができた今季のプラダでした。










| 2007 SS Womens | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL