コソの出来事

SEARCH


2007SS Marni
2006.11.13 Monday
随分と間が空いてしまいましたが、レヴューを再開。ミラノで最初にご紹介するのは、お馴染みの独特の甘いロマンチシズムの枠を少しずつ抜け出して、トレンドをリードするメゾンのひとつへと成長しつつある、コンスエロ・カスティリオーニによるマルニ

キーアイテムはサイドにストライプの入ったクロップトなレギンス。そこにジップアップのチュニックをはじめとするスキンカラーのトップス、そしてアクセントとしてビニールコーティングやパテントレザーのスカートやワンピース、あるいはナイロンのパーカ、メッシュのトラックコートを合わせれば、今季のマルニのスタイルが完成。

スポーティでアスレチックなテイストという新しい挑戦を、カスティリオーニの作り出す独特のボリューム感とフェミニンを一切失わずに成し遂げてしまったところが、今回のマルニの素晴らしいところ。

マルニらしいモーヴなカラーをパテントなどのスポーティで少しフューチャリスティックなハイテク素材使いでモダンに仕上げています。

得意のボリューム感を活かしたエッグシェイプのドレスやバブルシェイプのスカートなども、今季のトレンドともマッチして見逃せないアイテムに。ただしあくまでスポーティなテイストで、いつもの主役であるフェミニティは隠し味になっているところがポイント。そしてウェストをマークする太めのブラックのベルトが全体のテイストを効果的に締めています。

タンクトップやブラなどのジムを意識したアイテムと、デコルデを大きめにカットしたワンピースやニットとのコンビネーションで、肩を出したルックが多いのも印象的。

この春夏は多くのメゾンが様々なスタイルで見せたジオメトリックなプリントやカラーブロック使いは、ビニールのコーティングやパテントレザーを用いた素材使いで太めのストライプモチーフや大きめの半円などでアスレチックに表現。アーティスティックな柄もライトな雰囲気。

これまでのコレクションで必ず登場したウッディなアクセサリーも今回はメタルリングのブレスレットに、同じくウッディなプラットフォームも強化ガラスをソールに用いたミュールにと、今回のスポーティな路線の徹底ぶりがうかがえます。このパテントのミュールが個人的にはお気に入りですが。深紅のパテントレザーのバッグサングラスなどのアイテムもかなり魅力的。

ロマンチシズムにアスレチックな要素をレイヤード。ハイテクな素材をここまで軽やかに、フェミニンに表現できてしまうのは、コンスエロ・カスティリオーニをおいて他にないのではないでしょうか。驚くべき新しい可能性を見せてくれた、今後の進化がまだまだ楽しみなマルニでした。

ま、スナフキンみたいな帽子はどうなんだという意見はさておき(笑)。












| 2007 SS Womens | 00:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
COMMENT
FFJ
俺はどちらかと言うと少し前までのマルニの方がキュートで好きでした。

下の記事のKVAのカーゴは俺も凄い欲しいんですよ〜
色はグレーですw
ボーナスでたら買おうか迷い中です・・・
あ。でも大きめのエディターズバッグもほしいんだよなぁ(^^;
と、色々迷った挙句大好きなLES+HOMMESのアウターあたりに落ち着きそうですが(笑)
| mail | 2006/11/13 11:09 AM |

koso
今回のマルニはちょっとした驚きでした。こんな引き出しもあるのかー、と。

あのカーゴ、ほんと良いですよねー。僕の場合、グレーだとあんまり他のワードローブと合わないかもという懸念でした。笑
| mail | 2006/11/18 10:51 AM |

SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL