コソの出来事

SEARCH


Cassie / Cassie
2006.09.24 Sunday
今年はP. Diddy改め"ただの"Diddyが率いるBad Boy Recordsに何年かに一度訪れる当たり年。

Cassie、Yung Joc、そしてアルバムチャートで1位を獲得してしまったDanity Kane(そういえば同じくDiddyによってMTVの”Making The Band"からデビューしたDa Bandはあえなく解散したようですが)のブレイクに続き、秋にはDiddy本人の"Press Play"がドロップされる予定。ちなみにDiddyのアルバムからの先行シングル(と思われる)は、ソロデビューの計画も進行中であることが明らかになったThe Pussy Cat DollsのNicole Scherzingerをフィーチャーした"Come To Me"。しかし、いまは亡きBiggieの"Mo Money, Mo Problems"で、Diddy(当時はもちろんPuff Daddy笑)が"Ten years from now we'll still be on top"とラップしてから、今年でちょうど10年。浮き沈みの激しすぎるこの業界で、本当に頭が下がります。。。

そんな中から、今日はシンガーとしてのデビューも待たれるRyan Leslieが発掘したCassieのセルフタイトル・デビューアルバムをご紹介。

よく比較されるCiaraよりも細い歌声に、Ryan Leslie特有の浮遊感が心地よいテックなトラックとRyan本人のヴォーカルが寄り添う感じ。

まあ初めてのテレビ出演でのパフォーマンスに問題があったりと、決して歌唱力に秀でたタイプではないけれど、そういう巧さを期待しているわけでもないし、Ryanの作るスペーシーでミッドテンポなトラックに乗れるヴォーカルっていうところが大事なのですな(MTVJAPAN.comの記事にある"Me & U"の別バージョンのミュージック・ビデオもYouTubeで見たが、編集も相当素人っぽいし制作意図が全く不明だ)。

というわけで、この手の新人のデビューというと、有名どころのプロデューサーが他のアーティスト用に作ったトラックの余り物が回ってきたりして、型通りのアーバンでコンテンポラリーな工業製品的R&Bになりそうなところをうまく逃れているのも、アルバム全曲がCassieに才能を見い出したRyan Lesieによるプロデュースで貫かれているからかも。

どの曲がすごい良いっていうのはないんだけど、本当に自然に入ってきて心地よい。もちろんヒット中の”Me & U"や"Long Way 2 Go"のように、程よい中毒性が徐々に効いてくるシンセサイザーのフレーズが魅力的なチャート狙いの曲もあるのだけれどね。

一番好きなのはRyanとの"Just One Nite"かな。"About Time"とかスパニッシュ・ギターが印象的な"Not With You"も好きかなー。

"Miss Your Touch"は、ちょぅっとだけAaliyah&Timbalandな雰囲気。あ、結局Aaliyahがベストだってことがばれちゃいましたね(笑)。

いま一番何も考えずに聴けるアルバムだったりします。トータルで35分くらいだし。

Ryan LeslieとCassieの様子はYouTubeでも色々見れますよ。



Cassie Cassie
Cassie
Bad Boy

2006-08-08
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools



New Joc City New Joc City
Yung Joc
Bad Boy

2006-06-06
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools



Danity Kane Danity Kane
Danity Kane
Bad Boy

2006-08-22
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools



Press Play Press Play
Diddy
Bad Boy

2006-10-17
Amazonで詳しく見る by G-Tools
| Music | 23:50 | comments(0) | trackbacks(1) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL

Me&U/Cassie(キャシー)
Me & UCassie Bad Boy 2006-06-20 レーベル、BA...

| Music Addict | 2006/09/25 11:49 PM |