コソの出来事

SEARCH


2006-07AW Dior Homme
2006.02.19 Sunday
メンズウェアの中で、真にクリエイティヴな仕事をしているのは、彼だけなんじゃないだろうか。エディ・スリマンによるディオール・オム

これまでの彼の作品を見て、まさに自分が求めていたものだなーとか、本当に完璧で素敵、と感じることばかりだったけれど、戦慄を覚えたのは今回が初めて。というか、メンズのコレクションを眺めてこれだけ驚愕したことはありません。

徹底的にストイックなフォーマル。ここ数シーズンは、グラムだったりスカやモッズだったり、多分にロックやストリートなテイストが強かったものの、素晴らしいテーラリングとタイトでパーフェクトなシルエットが基本にあることは変わらなかったわけで、そのテーマそのものに大きな驚きはありません。それこそ、ミラノとパリ双方に通ずる今季のメンズの最大のトレンドなのだから。

(ティスケンスのロシャスのドレスを想起させるような)ハイウェストを強調したかなり細身のフロック・コート、スワロウテイルをパーツとして巧みに取り込んだジャケット(必ずしもTUXでないところがポイント)、そしてワイドパンツというスタイリングが中心。色はファーやレザーといった天然素材以外は殆どモノトーン。

そのフォルムがどれも極めて新鮮。ドレッシーでグラムなフォーマルでありながら、決して華美でセレブリティな薫りがしない、絶妙なバランス感覚。ここまで新しいスタイルを打ち出しながら、全く破綻が見られないというのは驚くべきこと。

これはすでにメンズウェアなのかどうかすらよくわからない感じ。クラシックへの憧憬、そしてドレスアップという、いまの気分をストリートからランウェイへ、そしてランウェイからストリートへ紡いでいく未来のフォーマル。

個人的には、ザック・ポーゼンがメンズを作ったら今回のディオール・オムに少しセレブなテイストとモノクローム以外のカラーを足したもう少しfamiliarな服を作りそうな気がする。若干シルエットだけ似た全くの別物ってことだけどね(笑)。

エディ・スリマンがメンズウェアをリードする時代が当面続くことを予感させる、ディオール・オムでした。







| 2006 FW Mens | 03:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL