コソの出来事

SEARCH


CLASSY. / 相沢紗世
2005.11.30 Wednesday
これまで田波涼子が飾ってきた「CLASSY.」のカバー。今月発売の2006年1月号(2006年ですよ)から相沢紗世が登場。

特集も『そろそろ「新しい私」アピールしませんか?』ということで(笑)。



岩堀せりや佐田真由美、長谷川潤のようなゴージャスでグラマラスなイメージが強いモデルの多いViViにいたのが不思議な相沢だけれど、最近ではCMでもよく見かけるし、雑誌では彼女のイメージにより近い「Style」や「CLASSY.」での活躍が目立ってましたね。

なので、単純にイメージやモデルとしてのキャリアを考えれば、「CLASSY.」の看板として不足ないのだが(もちろん田波ほどの存在感はまだないものの)、あえてここで取り上げたのは、これが光文社の女性誌にとってのターニング・ポイントになりそうだと思ったから。

光文社の女性誌といえば、「JJ」⇒「CLASSY.」⇒「VERY」⇒「STORY」というエスカレーター方式がその最大の強み。そしてこの全雑誌でモデルを務め、雑誌とその読者と共に年齢を重ねてきた、最強の雑誌モデルである黒田知永子を頂点とするマーケティングシステムが、最大な特徴なわけです。「VERY」の現カバーガールである三浦りさ子も、先月まで「CLASSY.」のメインモデルだった田波涼子も当然「JJ」上がり。

その田波の後を継ぐモデルが「JJ」で育っていないことは、このブログでも指摘してきましたが、やはり、「JJ」のパワーダウンが顕著なので、外部の血を注入せざるを得なかったのでしょう。ここ1年くらい「CLASSY.」での相沢の露出が目立つと感じていたのですが、様子を見ながら徐々に禅譲を進めていたのかな。

「Style」でもよく見かけるようになった、RINAが「JJ」唯一の希望の星かも。相沢は、RINAがもう少しメジャーになるまでの中継ぎ的役割のような気がしてなりません。個人的には、相沢は割と好きなのでがんばって欲しいですが(笑)。

ちなみに「JJ」の凋落については、こちらのブログでなかなか興味深い指摘がなされています。

そしてこちらは田波涼子の最後のカバー。


B000BND0GW CLASSY. (クラッシィ) 12月号 [雑誌]
光文社
2005-10-28
Amazonで詳しく見る by G-Tools
| Fashion/Mode | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL