コソの出来事

SEARCH


2006SS Yves Saint Laurent Rive Gauche
2005.11.06 Sunday
3シーズン目を迎えたステファノ・ピラーティによるイヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ

ピカソをはじめとするダダやスペインにインスパイアされたという今シーズン。サンローラン御大の1976年のスパニッシュ・コレクションにも影響を受けているのでしょう。サンローラン時代の雰囲気を最高にモダンなスタイルで21世紀に蘇らせています。

シルエットは基本的にシャープ。冒頭に登場したマタドール風のパンツ・スーツスタイルや後半に並んだ往年のタキシードスタイルなど。そして細めのベルトでマークされたハイ・ウェストによって描かれる体のラインがとてもフェミニン。

今回のカラーパレットはともかく黒。ただし、シャツやスカートのセンターラインを飾るラッフル、裾に踊るペプラム、そしてスカートの両翼やカーディガンの縁、スカーフまで様々なアイテムに用いられた大小のシフォンのポンポンといったディテールがコレクション全体にフェミニンさと軽さを加えています。ヒップラインを強調するチューリップ・スカートも多く見られました。

終盤には素晴らしいドレスが並びました。マリアカルラのワインレッドのドレスはトップスのラッフルとガウンという組み合わせ。続くソランジェ(実は今後の更にブレイクするんじゃないかと踏んでます)のピンクのタンゴ風のドレスもゴージャス。

足元を飾るプラットフォーム・シューズはヒットしそうな気配。金銀線の細工を施し、ベルベットのリボンで飾ったバッグも気になるアイテムのひとつ。

なかなかスピーディにビジネスを軌道に乗せられないようですが、着実にメゾンの力を取り戻していると思います。ステファノ・ピラーティの今後の手腕に更に期待のかかるYSL Rive Gaucheでした。























| 2006 SS Womens | 02:21 | comments(0) | trackbacks(1) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL

rive gauche、A/Wで爆発!
最近半端じゃない忙しい日々。やっと一区切りついて納品も終わったところで、一本の電話が。YSLからだ!待ちに待ったトート到着! 「kzm様にお伝えしていたよりもかなりサイズが大き

| Artiful days〜ワインキュレーターKzMの美食アート手記〜 | 2006/03/16 4:31 AM |