コソの出来事

SEARCH


2006SS Givenchy
2005.10.31 Monday
素晴らしかった2005-06AWオートクチュールに続き、期待の中ついにRTWデビューとなるリカルド・ティッシによるジバンシィ

7月クチュールの黒とは対象的に、真っ白く塗りつくされた会場で行われた、純白のコレクション。招待状には、ユベール・ド・ジバンシィが50年代に発表したトロンプロイユのスカーフがプリントされていたようです(左の人が抱えている)。

モデルは全員、前髪を上げたストレートヘア。目の周りを黒く縁取った、アンドロイドっぽい雰囲気のメイク。真っ白く塗りつくされた会場をぐるぐると回り、中央に配置されたソファに座っていくというプレゼンテーションに近い形式で発表されました。

ゴシックなディテールを、80年代のティエリー・ミグレーやアズディン・アライアを思わせる未来的でタイトなシルエットとマテリアルの中に表現。ベースとなっているAラインやYライン、Hラインといった50年代のクラシックなスタイルに加味されて、エレガンスとフューチャリスティックなゴシックが混在する、唯一無比な世界が作り出されています。

つま先の部分が開き、足首をベルトで覆う、古代ギリシアやローマを思わせるプラットフォーム・シューズが興味深い。中盤ではゴールドに輝くシューズが登場。

春夏といえば必ずと登場する鮮やかなカラーも、今季のトレンドであった刺繍をはじめとするロマンティックなディテールも殆ど見せず、そしてどのメゾンでもコアビジネスとなっているバッグもモデルに持たせないという、ストイックなまでに服の形とシルエットのプレゼンテーションにこだわった意欲的なコレクション。ティッシの友人であり、ミューズであるマリアカルラと、ショーの最後に抱き合って泣いているのが印象的でした。

個人的にはティッシも好きだし、コレクションとしても良く出来ていたと思うのだけれど、STYLE.COMで指摘されているように、フレグランスやコスメでリブ・タイラーをキャラクターにしているとは思えないような前衛性。ブランドとしてトータルな視点から考えた時、誰に向けてメッセージを発しているのか、いまいちよくわからない部分があります。でもこれって、ユベール・ド・ジバンシィ御大が引退して以来、いまだに解決していない問題なのだよね。この10年で、ジョン・ガリアーノ(1995〜96)、アレクサンダー・マックイーン(1996〜2000)、ジュリアン・マクドナルド(2001〜2004)、と4人のそれぞれ相当に個性の異なるデザイナーたちが担当してきて、誰も明確な新しいジバンシィのスタイルを確立せずに去っていったのだから。

でも、ティッシのジバンシィってなにか合っているような気がします。まだそれが何なのかはわからないけれど。だから、もう少し長い目で見てみたいところ。そんなことを思ったジバンシィでした。















ショーの後には、Vogue Paris主催のパーティが開かれたようです。写真はFrench Vougeのカリーヌ・ロワトフェルド編集長、リカルド・ティッシ、マリアカルラの3ショット。

| 2006 SS Womens | 02:11 | comments(0) | trackbacks(1) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL

最近思ったこと
夢と希望を胸に・・・

| 最近思ったこと | 2005/10/31 2:16 AM |