コソの出来事

SEARCH


January 21, 2016 | JW Anderson Adventures Into Retail Experiment With 'Workshop' Concept
2016.01.26 Tuesday


 J.W. Andersonが初のショップをオープン。といってもいま勢いのある若手ブランドの華々しい旗艦店のオープンといった内容とは趣きが異なります。LondonのShoreditch High StreetのAce Hotel近くの250平方フィートというスペースに登場したポップアップストアは、Bloomsbury GroupのOmega Workshopsに着想を得たという、様々なジャンルのクリエイターとコラボレートした作品が並ぶ空間に。ある側面ではひとりでDover Street Market的な。

 Tim Blanksの書いた記事からいくつか興味を惹かれたコメントを引用してみると。

 まずは昨年亡くなったMiuccia Pradaの右腕ともいわれJonathan Andersonの初期のキャリアに大きな影響を与えたManuela Pavesiの下での経験を振り返り、"Ultimately I love designing clothing, but I love arranging it too, curating it into something" "When you do a rack, it is incredibly difficult to make it appealing, but when you would watch Manuela and Mrs Prada do it, rejecting everything one week, coming up with a new code of garments the next, it was incredible."と。ここで"curator"あるいは"editor"的なデザイナーとしての基礎が磨かれたのだろうなということがうかがえます。

 デザイナーとしての自身については(あまり自分を「デザイナー」として捉えていないというのはあるとしても)、“I see myself as reacting to a situation, taking from the world that’s around.” “Fashion already exists,” he counters. “You can’t add extra wheels to a car.”といういかにも彼らしい現実的な。そのうえでよく言われるデザイナーとアーティストのあれこれについては、“The dream would be to be an artist. But it will never be that for me. I don’t believe in that transcendence. I don’t believe a designer can go somewhere else.”というこれまた多くのデザイナーは敢えて口にしないであろうことをいっていたり。このあたりが個人的には非常にKarl Lagerfeldに近いなあといつも感じるあたりでございます。

 また昨年のBFAのウィメンズとメンズのダブル受賞については、"one season is one thing — men and women, the same vocabulary. I don’t see the difference. I don’t know how you can classify a garment as a gender.”といういつもの見解を。

 Londonに行く機会があればちらとよってみたいなと思っております。
| Fashion/Mode | 01:58 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT