コソの出来事

SEARCH


January 20, 2016 | Grace Coddington to Step Down at American Vogue
2016.01.21 Thursday
 Anna Wintourと共にいまのUS Vogueのかたちをつくりあげてきたクリエイティヴ・ディレクターのGrace Coddingtonが退任という大きなニュースが。

 クリエイティヴ・ディレクターは退く今年74歳のGrace Coddingtonは、年内はクリエイティヴ・ディレクター・アット・ラージとして、同誌のシューティングに携わるとのこと。今後はMatthew Moneypennyが設立したばかりのGreat Boweryがエージェンシーとなり、まずはComme des Garçonsの新しいフレグランスのプロジェクトなどに関わるとのこと。ちなみにこのGreat Boweryですが、Bruce WeberやAnnie Leibovitzらも抱える要注目のエージェンシーです。

 1988年のAnna Wintourの編集長就任とともにクリエイティヴ・ディレクターとなったわけで、ふたりの雑誌づくりの様子は話題となった映画の"The September Issue"でも描かれていましたが、Coddingtonの年齢もさりながら、Condé Nast全体のアーティスティック・ディレクターでもAnna Wintorのもとで変革が進む同社の現在をある面では象徴的に示す出来事なのかもしれません。他にもPhyllis PosnickやTonne Goodmanら、すでに15年や20年以上といった長さでVogueに関わっているベテランも、徐々に若い世代へとバトンを渡していくフェーズに入っているのかもしれませんね。

 まだまだ今年いっぱいはVogueでのGrace Coddingtonのお仕事は見れますし、これからも彼女の活躍を楽しみにしたいと思います。

■ Grace Coddington to Step Down as Creative Director of American Vogue (Business of Fashion)
■ Grace Coddington, Accidental Celebrity of ‘The September Issue,’ Steps Down at Vogue (The New York Timse)
■ The Man Who Would Make the World a Prettier Place (The New York Times)
| Fashion/Mode | 02:12 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT