コソの出来事

SEARCH


Weekly Roundup | January 4 - 10, 2016
2016.01.12 Tuesday
 まずは今週のデイリーのご紹介のおさらいを。

Louis Vuitton's Sping Ads Features “Final Fantasy” Heroine Lightning
Hedi Slimane & Karl Lagerfeld for V Magazine
BBDO Take Majority Stake in Wednesday Agency Group
HBC to Acuire Gilt Groupe for $250m


 その他に気になった話題をピックアップ。

■ Minkoff Outlines Plans for Consumer-Facing Show (WWD)
 CFDAが今後のファッションショーの在り方についての調査をBoston Consulting Groupに依頼しているという話題もありましたが、より具体的な動きがRebecca Minkoffから。インシーズンのショーを一般消費者を呼んで見せるというスタイルは既に前回のタイミングから試みられているのですが、2月の2016年秋冬のNYFW期間中により一歩進めた形に。ショーとしては2016年春夏に一部プレフォールのコレクションを織り交ぜたインシーズンをメインに、一般消費者も500人招待する形式に。秋冬のバイヤー向けのプレゼンテーションもこの期間中に行い、メディア向けには3月に別途またショーを開催する予定。売るタイミングと見せるタイミングを徐々に近づけるためにショーのスケジューリングを調整していく動きが本格化するかどうか、今後に注目ですね。

■ Grindr, the Gay Dating App, Hooks Up With Fashion (The New York Times)
 こちらもショーの見せ方に関わる部分ではあるのですが、J.W. Andersonが2016年春夏のメンズのコレクションを、色々と最近話題の多いGrindr限定でライヴストリーミングするというお話。“I think fashion is a sexy platform as well, ultimately. We’re all humans, so we all have to be somewhat sexually attractive to someone. That’s the name of the game, with clothing.”というデザイナーのJonathan Andersonのコメントはいかにも彼らしいなという印象。

■ Condé Nast’s Brides Offers ‘Private Access’ to Clients (WWD)
 昨年から廃刊やプリント誌からのデジタルシフトなどドラスチックに進めているCondé Nastですが、ウェディングドレス選びなどのコンサルティングサービスの提供を始めるようです。お値段は結構な額にはなるのですが、Skypeでの事前相談を経てCondé Nastのオフィスで朝食をとった後に具体的なドレスの試着に入るといったような流れ。ブライダル系だとこうしたサービスに結びつけやすいですが、記事を書く以上の役割がますます求められるようになってくるのだろうなと。

■ Marc Bolland to Step Down as CEO of Marks and Spencer (WWD)
 衣料部門を最終的に立て直しきれないまま退任という形になるので、本人的には不本意なのではないかなあとか。後任のCEOは好調な食料品部門のSteve Roweとなります。

■ Jaden Smith for Louis Vuitton: The New Man in a Skirt (The New York Times)
 別途ご紹介した内容ではありますが、Jaden SmithがスカートをはいてLouis Vuittonの最新の2016年春夏のキャンペーンに起用されていることについて、NYTのVanessa Friedmanが非常に適切な指摘を。そのままいくつか引用してしまいますが。
 "It’s not unisex. It’s not gender neutral or gender bending or gender free or any of the other expressions we’ve been using to describe the current clothes-fluid moment, because it is, in fact, entirely gendered, at least going by traditional definitions of men’s versus women’s clothing. The clothes and their conceptual allegiance have not changed at all. The person wearing them has."
 "there’s no question clothes are one way we order the world. We use them to tell if someone is male or female (or wants to be one or the other), what they do, how much money they have, what bands they like, what country they come from, etc."
 "They are part of the social contract. If that order is thrown up in the air, how will we know what snap judgments to make? How do we know how to interpret what we are seeing, if interpretation is based on outmoded definitions of identity?"
 "In the end, that may be the greatest factor mitigating against the complete dissolution of traditional boundaries between men’s and women’s wear, and it may also be the real message of this particular moment: We are entering the age of wear what you like."
 端的には、それが男性向けにつくられたものであろうが女性向けにつくられたものであろうと、good designはgood designであるし、そうしたものは自分のジェンダーが何であるかを気にせず着ればよいし、というのがJonathan Andersonがしばしばいうところの"wardrobe sharing"という自然な発想の根幹にあるわけで、なにか大仰なジェンダーがどうこうといった話とは根本的には別の軸なわけです。もちろんそうした発想をそのまま行動に移しやすい、社会的な様相の変化はあるわけですし、ファッションの記号的な規範の内容がそう簡単に書き換わるわけではないものの、これからメンタリティと共に徐々に変化していく部分なのだろうなと。ただ一方でそうはいっても(むしろそうであるからこそ)、こうした事象を捉えて性差は意味がないといって「ノージェンダー」などと呼ぶのは、また他に実際に起こっているジェンダーの問題に対してあまりにも無頓着に見えるかなと感じたりするのだよなと。

■ Why Dolce & Gabbana’s Hijab and Abaya Line Is So Important (The Cut)
 当然Dolce & Gabbanaが初めてというわけではないのですが、普通に素敵だなと思えるところが良いですよね。記事中に"What stands out in particular about Dolce & Gabbana's take is that it gives the lie to the idea that one can't follow trends and have fun with fashion while also following a religious dress code. It's not just about lowering hemlines and extending sleeves, but preserving the runway aesthetic that got everyone so excited in the first place."とあるとおり。
| Daily Digest | 00:08 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT