コソの出来事

SEARCH


資生堂2016年正月新聞広告
2016.01.01 Friday
 あけましておめでとうございます。

 昨年はここ数年でも一番ものを書いてない年だったのですが、終盤になってDiFaという新しいメディアでほぼ月一でコラム的なものを寄稿するという運びになり、これから私はまたどうするのだという雰囲気になっております。まあ使える時間も潤沢にあるわけでもないので、何を選ぶかが本当に大事になってきますね。Vogueのブログもリニューアルされてたりしているのですが(私がリニューアルしたわけではない)、Raf SimonsのDior退任の際に書いた一本のみというあれであります。前よりレイアウト綺麗なので、コンスタントには書いていきたいのですけれどもね。ちなみに昔の記事はこちらに引き続きあるようです。

 このブログもデザイン変えたいとかドメイン変えたいとか時々いっておりますが、いい加減今年は本気でどうにかしたいものの、自分でやるのもなかなか難儀で困ったものでございます。

 
 とまあ愚痴はこれくらいにして、今年も最初のエントリは恒例の新年の新聞広告から。





 昨年はLady Gagaのセルフィーを50バージョン各紙に展開し話題になりましたが、今回は昨年10周年を迎えたマキアージュのブランド広告という形になっております。モデルには、長谷川潤と水原希子のいまの資生堂のイメージを代表するふたり。

 そして今年のコピーはこちら。

レディの鼓動をきかせてあげる。

じぶんをドキドキさせたら
あの人をワクワクさせよう
世界だってキラキラにして
それから、それから

レディにしあがれ。マキアージュ 2016

 昨年の「with you.」のように企業としてのユーザへのメッセージ性は当然のことながらないものの、ひとりひとりのちょっとした変化がまわりに伝わっていけばそれが大きなパワーになるかもしれないという、たしかにいまのリアリティとメンタリティのある側面をよく捉えた内容ではあるかなと。ワーディングが良いかどうかはちょっと置きますが。

 ところで昨年のLady Gagaの起用は、結局資生堂グループ全体でどれくらいの意味合いがあったのかなとか、資生堂ブランドは"Ginza Tokyo"を名称に加え、モデルにはEnikő MihalikにImaan HammamとAsia Chowを迎えてMario Sorrentiがキャンペーンを撮るなどグローバルな展開を見据えていたりするけれど、そちらとは同期しないのねとか色々気になるところはあるのですが、移行期なのだろうということで深くは触れないことにしようかと思います。


といったところで今年も宜しくお願い致します。
| Diary | 18:22 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT