コソの出来事

SEARCH


Style.com to be Transformed Into Global Online Commerce Platform
2015.04.28 Tuesday
ファッションメディアとオンラインコマースの双方の業界に大きな衝撃をもたらすニュースが。


Condé Nastにより2000年にVogueのオンライン版的な位置づけでローンチされ、コレクションメディアとして唯一無二のポジションを確立してきたStyle.comが、この秋にグローバルなオンラインコマースサイトとして生まれ変わることになります。


Style.comのコレクション速報やファッションニュースなどを含むエディトリアルコンテンツは、Vogue傘下でこの秋新たにスタートするvougerunway.comへとリニューアルされ、スタッフの多くもVogueのチームに移ることになるようです。


そしてオンラインコマースサイトへと転換することになるStyle.comについては、以下がポイントになるかと。

 ・ 2014年12月にCondé NastとCondé Nast Internationalが共同で設立したオンラインコマース部門が管轄
 ・ 同部門のプレジデントとしてGaleries Lafayetteから1月に迎えられたFranck ZayanがStyle.comのプレジデントに就任
 ・ 人材採用の観点やオンラインコマース市場の先進性の観点から同部門と同じく引き続きLondonを拠点とする
 ・ エディトリアル・ディレクターにASOSで同職を務めたMelissa Dickを採用
 ・ 他にもNet-a-PorterやFarfetchからも採用を進めている模様
 ・ この秋にまずはLondonからローンチ、続いて2016年初めにUSへと展開
 ・ 向こう2年から3年で100百万ドルを投資
 ・ 当面はマーケットプレイスモデルを取り、自社で在庫は持たない
 ・ Condé Nast各誌のコンテンツからワンクリックでのユニバーサルチェックアウトを提供し利便性は担保
 ・ エディトリアルとコマーシャルの'church and state'な分離は継続
 ・ Condé Nastの雑誌ポートフォリオを反映し、ファッションのみならずビューティやアートにガジェットまで、100から200のブランドの商品をを扱う


Style.comに関しては、2000年のローンチ後は、2010年に同じくCondé Nast傘下でWomen's Wear DailyなどをもつFairchild Fashion Media Group(後に元々のFarichild Fashion Meidaに名称変更)に編入され、情報メディアとしての正確を強めたものの、2014年8月にFFMがCondé NastからPenske Media Corp.に売却される際に、Style.comとNowManifestはCondé Nast内に残りVougeの編集長でCondé Nast全体のアーティスティック・ディレクターも兼ねるAnna Wintourの管轄下となっていました(ブロガーネットワークのNowManifestは間もなくクローズ)。この段階から、2010年のVogue.comのローンチ以降は情報に重複が目立つようになってきた、Style.comのVogueへの統合は検討されてきたものと思われます。現在Anna WintourとVogueの発行人のSusan Plagemannへのレポーティングとなっている、Style.comの編集長と発行人をそれぞれ務めるDirk StandenとMatt Riceの去就も気になるところではありますね。


いずれにしてもFranck Zayanが“Style is an extremely powerful brand. In many ways it is Condé Nast’s middle name”と話してるとおり、"Style.com"という名称は非常に強力ですし、またCondé Nast InternationalのJonathan Newhouseの“If these e-commerce companies are paying a lot of money to reach the people who read our magazines and use our websites, why should not we, who know our customers better than anyone, who have more information about and understand them and already have a relationship with them? Why should we not also offer them this service? Can’t we do it better?”というコメントが端的に表しているとおり、既存のファッションオンラインコマースサイトにとっても非常に強力なライバルが出現することになると思います。


あるいは今月初めに明らかにされたYooxとNet-a-Porterの合併もこうした動きを捉えたうえでのことだったのではないかと勘繰ってしまいたくなるくらい。


新生Style.comもVoguerunway.comでの新たなコレクション情報も、この秋を楽しみに待ちたいと思います。
| Fashion/Mode | 02:24 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT