コソの出来事

SEARCH


2005-06AW Haute Couture Christian Dior
2005.08.14 Sunday
創立者の生誕100周年というアニバーサリー・イヤーを迎えたクリスチャン・ディオール。昨年秋の2005SSプレタ以来ここ1年間余り、リアルクローズを見せてきた5代目デザイナー=ジョン・ガリアーノが、再びスペクタクルに挑戦しました。

朽ち果てた古城をイメージした会場内。霧の中、エドワード調の庭園を通って登場する黒い馬に引かれた馬車。馬車から降り立ったのは、こちらもエドワーディアンなドレスに身をつつんだエリン・オコナー扮する貴婦人とマリンルックの子供。そう、彼らこそマダム・ディオールとクリスチャン・ディオールその人なのです。

1947年に発表されたニュールックやHライン、Aラインなどを意識した、初代クリスチャン・ディオールへのオマージュがあふれる今回のコレクションは、いくつかのテーマに別れています。

"New Look"は、その名の通り、往年のニュールックをペルー風のフラワーモチーフとミックスしてカラフルな作品を創りあげタセクション。素直に美しい。初代ディオールの創造性、アーカイブとしてのパワー、ガリアーノの時代への感性とラテンの血脈が、見事に昇華されています。

"Hollywood"では、Linda Evangelista、Shalom Harlow、Naomi Campbell、Kirsty Hume、Eva Herzigova、Karolina Kurkovaといった新旧の「スーパーモデル」が往年の女優に扮して登場。ピンクからゴールドへと変化するチュールドレスのLindaはRita Hayworthといった具合です。Naomiのグリーンも素敵だね。Shalom、Kirsty、Karolinaのピンナップポーズもキマってます。

どのテーマでも共通して登場しているのが柔らかなヌード・カラーのコルセット。特にそれが強調されていたのが、コルセットにブラックのビーズをあしらった豪華なシースルーなチュニックやキャミソールを合わせた"Clients"セクション。

続く"Debutantes"は、イギリスのマーガレット王女や映画「マイ・フェア・レディ」の衣裳で知られるセシル・ビートンにインスパイアされたという可憐なドレスたち。特にHana Soukupovaがcuteです。

次の"Degas Dancers"は再びペルー風にアレンジされたバレリーナ。色鮮やかなチュチュやバレエシューズが印象的です。"Catherinettes"は、聖カタリナ祭をイメージしたもの。聖カタリナは裁縫師の守護聖人らしい。

最後に登場した"Masked Ball"も圧巻。銃を片手に、大きな羽根のあるドレスをまとったモデルたちがショーをフィナーレへと導きます。

やっぱりガリアーノは素敵だー。それに彼はモデルの使い方が本当のうまいと思います。彼女たちそれぞれの個性をiconicな形にまで高めて、彼自身の作品と融合させているというか。

いまは博物館になっている、港町グランヴィルにあるティオールの生家にもいつか行ってみたいという思いを個人的に強くした、クリスチャン・ディオールの2005-06AWオートクチュールでした。





















| 2005 SS Couture | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL