コソの出来事

SEARCH


2011-12AW Hakaan
2011.03.29 Tuesday
Hakaan YildirimによるHakaanの2011-12年の秋冬コレクション。

昨年ANDAM Prizeも獲得し、Mert Alas & Marcus Piggottの強力なバックアップを受けての注目のコレクション。昨シーズンはCarine RoitfeldやNaomi Campbellがフロントローに並んだことでも話題になりましたが、今回はParis Fashion Weekの初日でありながらDaphne Guinessもご登場という快挙。RitzのPool Roomという会場もまた期待感を高めます。

ランウェイを歩くモデルもcreative directorであるMert Alasの影響もあってか、非常に豪華。昨シーズンも登場したMariacarla Bosconoに始まり、Natalia VodianovaにKarolina Kurkova、Natasha Polyといった並びはビッグメゾンでも最近なかなかお目にかかれないところ。個人的にはMariacarlaが出ているというだけでもう十分だったりはするのですが。

コレクションの内容はというと、今季の大きなトレンドであるマスキュリンとフェミニンな要素をバランスよく配して、Hakaanらしいミニマルでグラマラスなテイストの純度を高めたなかなかのコレクションとなっています。カラーはブラック、ホワイトにレッドがベース。ドレスはタイトに丈も今季の流れとは外して短めに。一方でパンツやロングのコートのルックは緩やかに。ボクシーなスーツのルックも、ラペルを内側にも反転させてベストのように見せたり、ジャンプスーツのようなワンピースで見せたり。

GucciやYves Saint Lauren的な官能や、Helmut LangからRick Owensまで通貫するミニマリズムや重層的な構築性の、単なる参照に留まらない新しさの萌芽を感じさせるコレクションになっているのではと思います。

若干扱いがハイプ気味なのが気がかりではあるものの、今後もその進化に期待したいHakaanでした。













| 2011 FW Mens | 03:19 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT