コソの出来事

SEARCH


2006SS Kris Van Assche Mens
2005.07.23 Saturday
ディオール・オムでエディ・スリマンの片腕として活躍していたクリス・ヴァン・アッシュの2回目のコレクション。

ともかく印象的なのが、ボトムの膝下あたりまでのロールアップとアシンメトリーなトップス。ボトムに関してはロールアップしていないものでは、床まで届くくらいの長さのものが殆ど。とはいえ、リラックスしていたり脱力した雰囲気はなく、かなりフォーマルなテイストでスタイリングされているところがポイント。ロマンティックで繊細だが、フェミニンに流れず、むしろマスキュリンな印象を与えるバランスも素晴らしい。

トラディショナルな求婚者のように帽子を胸に当てていたり。赤い帽子、欲しいです。僕個人としては、ノースリーブって相当嫌いなんだけど、彼のタンクトップのようなベスト使いなんかは良いかも。自分ではしないと思うけど(笑)。

闘牛士やタンゴ・ダンサーにインスパイアされたという今季だが、色使いなどではなく、シャツやベストのディテールや全体のボリューム感で表現されているところがおもしろい。普段着の現代風闘牛士をモノクロ映画で見ているような。2005-06AWの時は気付かなかったのだけれど、クリス・ヴァン・アッシュのグレーってとても美しい。

終盤に登場した袴風の作品はちょっとナゾなものの(数シーズン前の山本耀司を思い起こさせる)、才能を感じさせる今後期待のクリス・ヴァン・アッシュでした。























| 2006 SS Mens | 22:53 | comments(0) | trackbacks(2) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL

クリス・ヴァン・アッシュ
「クリス・ヴァン・アッシュ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました...

| ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion | 2005/08/26 4:53 PM |
BERNHARD WILLHELM の卒業コレクション
BERNHARD WILLHELM(ベルンハルト・ウィルヘルム)のアントワープ王立芸術アカデミー時の卒業コレクションです。(テーマは赤ずきんちゃん) 在学中からダーク・ビッケンバーグやヴィヴィアン・ウエストウッド

| INTERNATIONAL FASHION & CULTURE | 2006/09/19 9:58 AM |