コソの出来事

SEARCH


2006SS Yves Saint Luaren Rive Gauche Mens
2005.07.17 Sunday
メンズも3シーズン目のステファノ・ピラティによるイヴ・サンローラン・リヴゴーシュ。もうメンズで好きなデザイナーのTOP3に入っちゃいます。相当良いです。レディスはというと、まだいまひとつなのだけれどね。

今回のテーマはモロッコ。サンローランにとってのモロッコ(正確に言うと最近売りに出したという御大の別称のあるマラケシュかな)は、主要なモチーフの一つだから、このメゾンのアーカイブを尊重しているピラティにすれば当然かつ妥当な選択。とはいえ、マラケシュそのままではなく、ピラティの頭にあったのは、その半生をモロッコで過ごし1999年にタンジールで亡くなった、アメリカ人作家のポール・ボウルズ。ベルナルド・ベルトリッチによって映画化された「シェルタリング・スカイ」が特に有名なのかな。

ただ実際のコレクションは、これみよがしにエスニックではないところがポイント。いつものピラティのデザインよりもリラックスした雰囲気になってはいるが。20世紀前半、北アフリカでふらふらしていたちょっとお金のあるヨーロッパ人を現代に呼び戻してみたら、こんな格好をしているんじゃないだろうか、というイメージ。

カラーパレットもアースカラーや淡いスカイカラーが多く用いられている以外は、今季ミラノで多く見られたようなプリントに頼るのではなく、ボトムのストライプやジャケットのパターン柄で北アフリカのテイストをモダンにエレガントに表現。

テイラード・ジャケットやタキシードは、期待どおりの完璧なシルエット。小物ではレオパール柄のサンダルやスリッポンがおもしろいね。

シーズンを重ねる毎に完成度が上がってきているように思います。今季に関していえば、素晴らしいコレクションであることは言うまでもないのですが、それ以上に完全に僕の好み(笑)。こういうスタイルが似合うようになりたいですな。ほんと。
























B00006LY20 シェルタリング・スカイ
ジョン・マルコヴィッチ デブラ・ウィンガー キャンベル・スコット ベルナルド・ベルトルッチ
アスミック

2002-11-22
おすすめ平均 
Amazonで詳しく見る by G-Tools
| 2006 SS Mens | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL