コソの出来事

SEARCH


2006SS Costume National Mens
2005.07.11 Monday
ミラノはあまりにもつまらなかったので、もう早々に切り上げちゃいます。が、その前にエンニョ・カパサのコスチューム・ナショナルを。

いつもと全然違うコレクションでどうしちゃったの?という感じなのだが、今回は50'sの"rebel"な雰囲気を全面に。British VogueではDanny Zukoなんかにも言及してます。1978年の"Grease"という映画でJohn Travoltaが演じた役名です。相手役はオリビア・ニュートン=ジョンという50'sを描いた学園モノ。
でもなかなか良いです。アイテムがどうこうというよりは、スタイリングの問題でもありますが。50'sのロックな反逆精神にフォーカスしながらも、カパサが手がけるとエレガントでドレッシー。

テイラード・ジャケットやウェスト・コートに細いストライプのボトムを合わせ、インには緩く締めたナロー・タイにはだけたシャツ。髪は後ろになでつけた感じで。トランプ柄なんかもベタだけど、ちょっと気になるモチーフ。

実はここの服って色も以外と好きだったりするのだよね。スモーキーなブラックやグレーのジャッケットに、黄色や赤のシャツを刺し色として使ったりとか。鮮やかなピンクやブルーのシャツやタイとの組み合わせも素敵です。

ジーンズもちらほら。でもやはりジャケットが綺麗だなあ。こういうコレクションを見ると、またジャケットが欲しくなります。これまで黒ばっかりだから、今度はグレーに挑戦してみたいと思う次第。

なんだろう、メンズって書きにくいな(笑)。レディスに比べると変化のポイントが少ないし、やはり自分で着ることも多少考えちゃるからか。

















| 2006 SS Mens | 01:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
COMMENT
waki
>なんだろう、メンズって書きにくいな(笑)。レディスに比べると変化のポイントが少ないし、やはり自分で着ることも多少考えちゃるからか。

やはり客観的な視点で見れないから作品としての視点の焦点がズレてしまい書きにくくなるのかな、と推測してみます。
自分はメンズの方が書きやすいので。

服は着て見ないと本当の良し悪しが判断できない気がしてます。
デザインが美しいだけで耐久性に欠くと・・・ん?

どうも私がメンズを書き易いのは自分が普段着る服という基準からのようで純粋に作品をみる視点ではなかったようです。

ブログ始めました。まだまだ未熟者ですが、「コソの出来事2.0」と
リンクをさせて頂いても構わないでしょうか???
| mail | 2005/07/11 8:48 PM |

koso
そうですね。本当は着てみないとよくわからない。芸術作品といっても良いレベルもあるが、着るものという前提があるから、純粋な芸術とはちょっと違う。ビジネスでもあるし。

でもそういう要素が絡みあってるところが好きなのですな。

メンズは自分が着ることも考えるので、どうしても控え目になってしまうような。実を言うとレディスの方が好き嫌いが激しいのです(笑)。だから書くときは、作品自体の記述は客観的だけれど、その評価基準はもう、見た瞬間に感じたまま。素直に美しいと思えて、それをそのまま書いているから、やりやすいのだと思います。

リンク、もちろんどうぞ。

| mail | 2005/07/12 1:48 AM |

waki
プロダクトでありアートでもある。

消耗品で機能面が大切ではあるが、
ファッションはむしろ機能以上に
無駄な装飾に意味を持たせますよね。

単純にスーツからネクタイ(完全に機能面では意味無し)を
排除することがレディースでは簡単なのに、
メンズでこうも難しいのは
メンズでは伝統を重んじているからなのかもしれません。

メンズは繰り返しの要素が強い、5年見ているだけですが
繰り返しマイナーチェンジを繰り返しているだけのように感じています。

うーむ。本格的に書くと長くなりそうだ(笑)

>>素直に美しいと思えて、それをそのまま書いている・・・

純粋なアートへの視線ですね。
| mail | 2005/07/13 12:47 AM |

koso
ネクタイにしても、いまとなっては機能的意味はないものの、服飾史を遡れば、もとは何らかの機能(儀礼的な意味も含めて)があったものが多いんだと思います。さらに服飾は、古くはその形状であったり柄であったりが儀式的あるいは何か宗教的な要素を持ってたりすると思うので。。

現在のモードでも、過去のモチーフにさらに色々な意味合いをもたせて使って、重層的な服作りをしているんではないかなあ、と。

詳しいことはちゃんと勉強したいと思っているのだけれど。
| mail | 2005/07/15 1:09 AM |

SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL