コソの出来事

SEARCH


2011SS Viktor & Rolf
2010.10.04 Monday
Viktor HorstingとRolf SnoerenによるViktor & Rolfの2011年春夏コレクション。

秋冬の"Glamour Factory"的なシアトリカルな雰囲気を残しつつ、ボタンダウンやカフスなどメンズのシャツの要素を大胆に切り出して再構成し拡張した、意欲的なコレクションを見せています。

ストレートにシャツドレスをアレンジしたりクラシックなスポーツウェアをベースにした作品が並ぶ前半は、肩のラインやパフスリーヴでボリュームを上に持ってきているのが、Viktor & Rolfらしいアクセント。中盤では、シャツドレスのモチーフを残しながら、異なる素材をアシンメトリーな切り替えで組み合わせたり、ウェストをコルセットのように切り替えて絞ったワンピースに変化していく過程がおもしろい。そして後半は、より装飾的要素を強めシルバーに輝く白くボリューミーなフォルムに移行しつつ、シャツボトムの曲線のラインを重ねた圧巻のボリュームの一連のマリエで締め括り。

個人的にはMartin MargielaやComme des Garconよりも彼らのこうしたアプローチの方が好きだったりするのですよね。というわけで今季も興味深いコレクションを見せてくれたViktor & Rolfでした。














| 2011 SS Womens | 21:27 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT