コソの出来事

SEARCH


2011SS Akris
2010.10.04 Monday
Albert KriemlerによるAkrisの2011年春夏コレクション。

ファーストルックのコットンのシャツドレスに見られるように、Albert Kriemlerの得意とするテーラリングをベースに、軽めの素材使いや緩めの肩のラインにアシンメトリーなシェイプを組み合わせて、襟や袖などの新しいボリューム感で遊びながら、リラックスした雰囲気を演出したコレクション。

デニムやレザーのアイテムもウルトラライトな仕上がり。ゆったりとしたボリュームの中にも、いつもの強めのテーラリングの要素を巧く織り込むことで、エレガンスを保つバランスはさすが。今季はシアーなレイヤリングやカラーも大胆に取り込んでより明るく軽い印象に。

アシンメトリーなジップ使いでスポーティな要素を取り入れると同時に、シンプルなシルエットを崩すことなくアクセントと着こなしのバリエーションを加えることにも成功しています。今年7月にデザイナーが訪れたという京都で感じた日本の雰囲気に影響されてか、帯やスリーヴなど着物的なモチーフを感じることもできますね。Vogue.comの評にもありますが、足元は若干微妙な感じもしますが。

今回も安定した素晴らしいクリエイションを見せてくれたAlbert KriemlerによるAkrisの2011年春夏コレクションでした。














| 2011 SS Womens | 21:15 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT