コソの出来事

SEARCH


WWD JAPAN Vol.1594
2010.08.31 Tuesday
オンラインに載っている情報は基本的に色々流れて広まるところなので、紙媒体のさらっとまとめもやってみましょうか、というわけで。こうでもしないとちゃんと毎週読まないという理由の方が大きかったりしますが。


1_376_cover.jpg


トップのThe Newsで気になったのは【イオンが新SPAブランドに元「アバクロ」ディレクターを起用】。三菱商事との協業による新SPA業態の「トップバリュコレクション」のクリエイティブディレクターに、アバクロンビー&フィッチのメンズ部門のシニアディレクターを勤めたジェームス・ウィルキー氏が就任することになったそうです。三菱商事グループの世界的な調達網を活用しつつ、新会社のトップバリュコレクション株式会社を設立し、企画・製造・販売まで一気通貫で行うとのこと。いわゆるGMSのSPA強化の動きがイトーヨーカ堂とともに最近目立ちますが、Twitterでもご紹介した小島健輔氏のブログの指摘にもあるとおり、ウィルスキー氏のMDの手腕とそれを会社側がどこまでexecutionできるかがポイントになりそうですね。「ジャスコ」と「サティ」を「イオン」ブランドに統合する流れも含めてしばらく注目ということで。
 

トップのThe Newsからもうひとつは【「シュプール」編集部発信ブランド「es by spurshopper」デビュー】。雑誌によるオンライン販売は、WEEKLY NEWS DIGESTにリニューアルが取り上げられていたアシェット婦人画報の「エル・オンライン」の「エル・ショップ」などが早くからありますし、最近では「SENSE」の「ザ・ブラックセンス・マーケット」のような雑誌エクスクルーシヴなアイテムのオンライン販売の例もありますが、日本発の雑誌でオリジナルブランドをローンチした例は珍しいのでは。「シュプール」については同じくWEEKLY NEWS DIGESTに載っている妹版「シュプール ピンク」のローンチ(B5版で380円は魅力的!)と併せて今後の展開を追っていきたいところでございます。


メインの特集は2011SSのメンズのコレクショントレンド。徹底したミニマリズムを基調として、ピュアホワイトなスタイリングやボクシーなシルエット、モノトーン、90年代指向などが挙げられています。基本的には既に各所で語られている傾向ではありますね。個人的にはかなり好みなので楽しみではありますが。
 
 
最近のWWD JAPANの中では一番興味深い連載が【連載 我が社の中国戦略】なのですが今回はその第9弾。日本のバッグメーカーに焦点を当てています。「ホワイ」好調の話はどこかで聞いていましたが、冒頭で紹介されている「アクセソワ・ドゥ・マドモワゼル」は全然知りませんでしたですよ。それにしても上海では「バリー」がやたら人気みたいですね。


あと記事広告にはなりますが、8月から9月にかけて「モンクレール」のニューショップが続々とオープンする様子。ポイントは「S」「V」「ガム・ブルー」「ガム・ルージュ」「グルノーブル」などのラインの展開。注目は、メンズと「ガム・ブルー」「V」「グルノーブル」の西武渋谷(9/10オープン)と、ウィメンズで「ガム・ルージュ」「S」「グルノーブル」をそろえる松屋銀座(9/7オープン)あたりですかねー。ちなみに「ガム・ブルー」はトム・ブラウン、「ガム・ルージュ」はジャンバティスタ・バリですよ。復習。


今週のHIT ITEMSはセレクトショップコスメ編。ひたすらジョンマスターオーガニックが強いですよ、というお話。月1回の森本容子氏の連載では、「マウジー」と「S Cawaii!!」が10周年かー、と。


最後にMEMOの中では、ファーストリテイリングの勝部健太郎クリエイティブ マネジメントディレクターの独立が一番気になるところ。 
 

とりあえず今週はこんなところですかねー。ではまた来週?
| Fashion/Mode | 03:03 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT