コソの出来事

SEARCH


チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
2010.08.02 Monday
トム・ハンクスもジュリア・ロバーツも全然好きではないのだけれど、これは本当は公開されたときに劇場で観ようかと思っていた作品。

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]

マイク・ニコルズ監督による「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」。1979年のソ連のアフガニスタン侵攻に対するCIAの極秘作戦の経緯を、当時の下院議員で歳出委員会の国防小委員会メンバーだったチャーリー・ウィルソンの自伝を元に、コミカルに描いております。

 1. 脚本はTVドラマ「ホワイトハウス」を手掛けたアーロン・ソーキンだけあって非常にバランスがよい。
 2. マイク・ニコルズ監督の奥方はABCのキャスターのダイアン・ソーヤー。アドバイスとかあったのかしら。
 3. トム・ハンクスは何の役をやってもトム・ハンクスにしか見えない。
 4. フィリップ・シーモア・ホフマンがさすがの演技。何でもできる。この作品でアカデミー助演男優賞にノミネート。
 5. ジュリア・ロバーツの笑顔は彼女がどんな役柄を演じたとしても素敵に輝く。
 6. 個人的なベストシーンは、ポニーテールを揺らしながらヒールで足早に歩くウィルソンの秘書役のエイミー・アダムスをバックで追うシーン。
 7. 何気にTVドラマ「ロズウェル」のシリ・アップルビーも秘書役で出ている。

よく知られたアフガニスタン侵攻秘話ではあるのだけれど、いまの混乱に至る遠因を改めて知る入口としても良い作品。ちなみにチャーリー・ウィルソン自身は今年2月に76歳で亡くなっています。
| Movie | 01:43 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT