コソの出来事

SEARCH


2005-06AW PHI
2005.04.26 Tuesday
実はこれまで、あまりちゃんと見たことがなかったフィー。アンドレアス・メルボスタッド(Andreas Melbostad)によるコレクションは、そういえばリステア一押しでもあったような気がする。

改めてよく眺めてみると、実に素晴らしい。そのシャープなテーラリングによるストロングなシルエット。ナターシャ・ポーリーのように、ジャケットにストライプのシャツ、超細身のパンツとブーツを合わせたスタイリングがクール。ジャケットもコートも基本的に肩が広め。このあたりはミリタリーなテイスト。色はひたすら黒。そして時に白。なにか川久保玲や山本耀司を思い起こさせる黒なのだが、もっとシャープで現代的。アウターはウールのフェルトやレザーが重層的に使われてより強い雰囲気を作っているが、インにシルクやカシミヤを持ってくることで、バランスを取っているのも好感度大。ワンピースやドレスにもスタッズが打たれて、決して甘くならない。

こういうストイックなコレクションを見ると、気持ちが引き締まります。これって本当にNYブランドなんだろうか、とも思うけど、Fantastic。いまさらながらの嬉しい発見。ここの服が似合う女性は無条件で好きになれるかも。とゆーのは言い過ぎです(笑)。









| 2005 FW Womens | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL