コソの出来事

SEARCH


2010-11AW Givenchy
2010.03.17 Wednesday
Riccardo TisciによるGivenchy

スキーやスキューバ、そしてバウハウスの色使いに着想を得たというデザイナーのコメントもあった今季ですが、プリントパターンや化学繊維を用いたファブリック使いやジッパーなどでいつもと異なるスポーティなアプローチを見せています。

とはいえ基本にあるのはRiccardo Tisci特有のエスニックとParisのグラマラスをミックスしたスタイル。パワフルなテイラードが全面に出ているのが今季らしいポイントなのかな。

終盤に登場したRiccardo TisciのGivenchyのシグニチャーともいえるフェザーのMariacarlaのルックはさすがの美しさ。赤の使い方も好きな感じ。

少しずれますが、STYLE.COMのレヴューにあるとおり、Helmut LangとMartin Margielaという既に第一線から退いた絶大な影響力をもつ2人のデザイナーが抜けた穴を誰がどう埋めていくのかという視点はやはり誰しもが気にするポイントとはいえ興味深いですな。個人的にはHelmut Langの雰囲気をベースにした動きの方がしばらくは強くなっていくと思っていますが。

ちなみにぜひどこかの雑誌でLara Stoneメインのエディトリアルを誰かお願いします。











| 2010 FW Womens | 02:22 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT