コソの出来事

SEARCH


ダ・ヴィンチ・コード
2005.02.09 Wednesday
既に発表されていた大ベストセラーの映画化ですが、ついに主演が決定。シオン修道会をめぐるナゾに迫る、宗教象徴学専門のハーバード大教授、ロバート・ラングドン役にトム・ハンクス。噂通り。監督がロン・ハワード、脚色がアキバ・ゴールドマンの"ビューティフル・マインド"コンビなので、当初はラッセル・クロウが主演という話だったのだけれどねぇ。つーか、やはりトム・ハンクスじゃあかなーりイメージが違う。ラッセルの方がまだ良い。ハンクスにハリス・ツイードが似合う・・・のか?

ヒロインのソフィー・ヌヴー役にはオドレイ・トトゥ。原作に忠実にフランス人女優を採用するとの話だったが、こう来たか。ソフィー・マルソーあたりが原作のイメージに近いのかなあと思っていたのだけれど。まあアメリカでも"アメリ"はヒットしたからねぇ。さすがにジュリエット・ビノシュでは年齢的に難しいだろうし(笑)。"アメリ"以降、良い作品に恵まれていないような気はするが。"愛してる、愛してない"も微妙だった。

2006年の全米公開を目指すとのこと。"ビューティフル・マインド"はけっこう好きなので、製作陣的には楽しみです。とりあえず原作はと〜ってもおもしろいので、まずお読みになるとよいですよ。基本的に小説読まない僕が言うのだから間違いない(笑)。


ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店

2004-05-31
おすすめ平均 
Amazonで詳しく見る by G-Tools



ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店

2004-05-31
おすすめ平均 
Amazonで詳しく見る by G-Tools



ビューティフル・マインド
ジェニファー・コネリー
ドリームワークス

2002-09-13
Amazonで詳しく見る by G-Tools



アメリ
クローディ・オサール
ビデオメーカー

2002-08-02
おすすめ平均 
Amazonで詳しく見る by G-Tools
| Movie | 01:44 | comments(4) | trackbacks(29) |
COMMENT
カツブロ
トラバ有難うございます。
こちらからもトラバさせていただきます。
ロバート・ラングドン役にトム・ハンクスってのはネェ。
イメージ違いますよねぇ。
| mail | 2005/03/15 9:28 PM |

yuri#
TBありがとうございます(^−^)ノ

トム・ハンクス好きだけど、役的にはどうなんでしょうね?
そこは、オスカーは俳優として技量で見せてくれると期待しましょうw

トム・ハンクスとオドレイ・トトゥ・・・。
どんな映画になるんだろう(||||▽ ̄)

いかにもな、ハリウッドアクションにしてほしくはないけど・・・。
| mail | 2005/03/26 3:04 PM |

lapis
TBありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきました。
宜しくお願いします。
映画、出来が良いといいですね。
| mail | 2005/03/26 3:07 PM |

alice-room
こんばんはTB有り難うございます。映画は無事作れるのか?なんか難しい情勢ですが期待したいですね!
| mail | 2005/03/27 1:01 AM |

SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL

「ダ・ヴィンチ・コード」の主演女優にオードレィ・トトゥ
以前エントリーしたベストセラーの「ダヴィンチ・コード」の映画化が決まり、主演女優に「アメリ」「ロング・エンゲージメント」のオドレイ・トトゥが抜擢されたようです。

| パリノルールblog | 2005/02/10 2:33 AM |
ダ・ヴィンチ・コードが映画化 主演 トム・ハンクス
 日米で話題、歴史ミステリー小説が遂に映画化!米国内で約七百万部の売り上げを記録し、日本でもベストセラーとなった歴史ミステリー小説「ダ・ヴィンチ・コード」(ダン・ブラウン氏著)がハリウッド映画として二〇〇六年に全米で公開されることが十五日、明らかにな

| 話題のナレッジベース | 2005/02/12 2:20 AM |
トム・ハンクスがダ・ヴィンチ・コードに主演
 

| 老けゆく女 | 2005/02/14 9:33 AM |
ダ・ヴィンチ・コード (The Da Vinci Code) Dan Brown
テンポもよく、おもしろいミステリーだった。 トリビア的な内容としては、死海文書ものを読んでいると眼にするようものだ。「航路」でもそうなのだが、大きな謎を扱う一方で、今日的な読者が感じるリアリティーの範囲内でまとめており、かつ、宗教にも敵を作らないス

| ひろしこむ 出張Blog | 2005/03/10 12:13 PM |
映画「ダ・ヴィンチ・コード」の主演は・・・
世界的ベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」(ダン・ブラウン著)が、米俳優トム・ハンクス(48)主演で映画化されることが決まった。米映画大手ソニー・ピクチャーズエンタテインメント傘下のコロンビア・ピクチャーズが30日、発表した。 公開予定日は

| 弐代目・青い日記帳 | 2005/03/10 2:27 PM |
ダヴィンチ・コード
ダヴィンチ・コードを読み始めてしまった。 著者: ダン・ブラウン, 越前 敏弥 タイトル: ダ・ヴィンチ・コード (上) 面白くって途中でやめられません。 という事で、今日はそちらに集中します。

| ダラダラいくよぉ | 2005/03/15 9:30 PM |
ダ・ヴィンチ・コード
閉館後の静寂に包まれたルーブル美術館で起きた殺人事件をきっかけに、明るみに...

| spoon::blog | 2005/03/22 12:48 PM |
恐るべし『ダ・ヴィンチ・コード』
 昨夜から、以前書いた「カルロ・クリヴェッリ『マグダラのマリア』」という記事のアクセス数が、急増している。一昨日までは、1ヶ月で総閲覧数120程度だったが、今では480を超えている。いきなり4倍に増えているのである。  原因は、フジテレビの「世紀の天

| カイエ | 2005/03/26 3:04 PM |
ダ・ヴィンチ・コード
【あらすじ】高名なハーヴァード大学の象徴学者が警察によってルーヴル美術館へ呼び出され、ダ・ヴィンチの作品にまつわる暗号めいた象徴を調べるよう依頼されます。そこは殺人現場。その学者はそこに残された奇妙な暗号を解読し、史上最大の謎のひとつを解き明かす手が

| 十六夜の月 | 2005/03/26 3:04 PM |
ダ・ヴィンチ・コードにはまりまくり
【ネタばれ有り・未読者注意!】 友人からずっと薦められていたし、書店で平積みになっていたのも知っていたが、なんか周りに迎合して本の趣味まで決められそうなのがイヤで読まないまま時が過ぎていた。でも、それ以前に読んでいた角川の「クムラン」で死海写本にはま

| 叡智の禁書図書館 | 2005/03/26 11:10 PM |
ダ・ヴィンチ・コード
ダ・ヴィンチ・コード

| 波乱のない日常 | 2005/04/03 6:54 PM |
ダ・ヴィンチ・コード (上)
著/ ダン・ブラウン 訳/ 越前敏弥 ダン・ブラウンは本書『The Da Vinci Code』で、世界を舞台にした殺人ミステリーの醍醐味と、2000年に及ぶ西洋史から選り抜いた魅惑的な謎の数々とを組み合わせた、知的で明快なスリラーを見事に創造した。 閉館後の静寂

| booksjp | 2005/04/26 11:42 AM |
ダ・ヴィンチ・コード
ついに!ついに!読みました。この本。そう「ダ・ヴィンチ・コード」です。   著者: ダン・ブラウン, 越前 敏弥 タイトル: ダ・ヴィンチ・コード (上) 前からたけしの番組を見ていて「おいおい、モナリザって2点あるのかよ」とか「マグダラの

| シアワセノテイギ-シナリオライターけんたまのいろいろなこと- | 2005/05/27 4:40 AM |
「ダ・ヴィンチ・コード」読み応えアリ
「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウン著 世界的なベストセラーに乗り遅れたことを後悔するくらい面白かった。 もっと早く読めばよかった、そんな作品です。 上巻はイッキに、下巻はジックリと堪能。 私の好きな作品に「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」が

| わたしの見た(モノ) | 2005/05/28 8:00 PM |
ダ・ヴィンチ・コード MOVIE
 タイラが読んだ本の感想に、先日TBしていただいた方の所へいって。  そして、「少年エース」のために角川書店のHPを開いた。  びびった  なんと映画化されるそうだ。 ■2006年5月19日の公開予定  監督:ロン・ハワード   主演:トム・ハンクス

| 精神汚染 | 2005/06/02 7:50 PM |
そういえば、聞いたんでした。
さすがロン・ハワード監督!ポール・ベタニー出演決定だそうです! ・・・がしかし、役所は意外にもシラス!おおう私の予想(と言うか希望)は大はずれ!!!(泣)

| junk-diary | 2005/06/14 8:06 PM |
ダヴィンチ・コード
ダン・ブラウン, 越前 敏弥 ダ・ヴィンチ・コード(上) そこ、読むのが遅いといわない! しょうがないじゃん、図書館の予約はおかしいことになってるし、ハードカバー買うお金ないし。 というわけで、昨日、今日の電車の中で読み終わりました。 ホントは1

| 乱読日記 | 2006/03/17 10:20 PM |
ダ・ヴィンチ・コード
Amazonレビュー  ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。死体はグランド・ギャラリーに、ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっていた。殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングド

| サイケデリック レボリューション | 2006/03/30 12:46 PM |
ダ・ヴィンチ・コード
初めてみたとき「なんじゃこのモナリザのカバーは!」とカバーだけが気になってからはや1年。 「ダ・ヴィンチ・コード」を発見する前に適当に買った小説(ハード)が地雷だったのでそれ以降気になった本があってもあまり手を出すのはやめていた。 けどモナリザのカバ

| KILL@Blog | 2006/04/03 10:20 PM |
教養計画!
 自分は今大学生。最近いろいろな人と接する機会が増えた。中には自分よりも若いの...

| 机の上のビー玉。 | 2006/05/08 11:30 AM |
「ダ・ヴィンチ・コード」を読む
映画がもうすぐ公開される、このベストセラーの話題本、 2004年12月26日に書いた記事を採掲載する。 この本がどんなふうに表現されるのか楽しみだ。 「ダ・ヴィンチ・コード」★★★☆ ダン・ブラウン著 分厚い本、しかも上・下巻が平積みで目を引く。 文庫ま

| soramove | 2006/05/15 12:39 AM |
『ダ・ヴィンチ・コード』ガイド〜重要な「M」が7倍わかる〜
「ダ・ヴィンチ・コード」を読み解く最大・重要なポイントは「M」の理解です。「M」――マグダラのマリア」がなぜ重要なのかをよく認識することが必要です。>『ダ・ヴィンチコード』においてなぜ「マグダラのマリア」が重要なのか。その答えがここにあります。

| わかりやすさとストーリー | 2006/05/19 3:35 PM |
ダ・ヴィンチ・コード
ダ・ヴィンチ・コードを見てきました。いろいろな意見があり、あまり前評判はよくない声も聞きますが言われてるほどの悪い出来ではないと思います。しかし、先の展開が簡単に読めてしまったので、サスペンス的要素は、もう少し旨く組み合わせてほしかったです。見せ方に

| ブログ:映画ネット☆ログシアター | 2006/05/24 3:34 AM |
『ダ・ヴィンチ・コード』を読んで(ネタばれ有り、読んだつもりになるかも (^_^;))
テレビで映画のCMをやってるし、面白そうだから、つい文庫本を手にとってはまってしまいました。 読んでいるうちに、映画のCMの一シーンを思い出し、あー、ここがあの場面ね、などと納得しながら、読んでいきました。(^_^;) なお映画の方は試写を見た映画関係者に

| 落選運動 | 2006/05/25 12:50 AM |
『ダヴィンチ・コード』デコード decode(解読)
今話題のダビンチコードですが、便乗というか、元々のネタ本というかいろんな本が出ています。 「ダ・ヴィンチ・コードの謎」 「ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド 」 「決定版!ダ・ヴィンチ・コードの秘密 」 以前からこの手の内容の本というか説はありまし

| 優雅で感傷的な?MASUろぐ | 2006/05/25 8:31 PM |
ダ・ヴィンチ・コード(上下) ダン・ブラウン
ダ・ヴィンチ・コード (上) ダ・ヴィンチ・コード (下) ■やぎっちょ評価コメント 映画を見たので久々に更新(06/5/25)。 映画の方のよさは映画のブログ↑に譲るとして、本の良さは個人的に知識深いところだったかな。アナグラムは全体を通じていい具合に謎をか

| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/05/25 10:17 PM |
ダ・ヴィンチ・コード
●原作のおもしろいところがごっそり抜けている●原作を読んだ人が復習がてら観るか、映画をきっかけに興味を持って原作を読みはじめるのが無難な観方。「24」みたいな構成の連続ドラマにすればもっと良かった。「普通」のトム・ハンクスが見れる貴重な作品かも?

| 基本3分!映画レビュー わかりやすい映画案内 | 2006/05/26 9:25 PM |
映画 ダ・ヴィンチ・コード
本日は巷で話題の映画「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました。 世間では「展開が読める」とか「暗号が簡単」とか「原作と違う」とか、あまり良い評価を得ていないようですが、いかにもハリウッド的なサスペンスで楽しかったです。別に、年間何百本も観ているような

| 麺's Kermit | 2006/05/27 11:24 PM |
ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン
「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。 キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に

| 文学な?ブログ | 2006/06/14 1:06 AM |