コソの出来事

SEARCH


2009SS New York Fashion Week Sneak Review Part 1
2008.09.08 Monday
さて、始まってしまいました2009SSのコレクションサーキット。本当は東京も色々と興味深いデザイナーが出てきているので、ちゃんとご紹介したいのだけれど、やはりNYからということで。

まずは最近恒例のSneak Reviewから(そこで終わってるじゃないか、という痛いご指摘はご勘弁くださいませ)。

まだトレンドを語るには早いと思いますが、気になるのはやはりジャケットと、モデストなプリント。

とりあえず、いまのところRag & Boneがかなり好きですねー。Alexander Wangはこれまでの雰囲気を残しながらも、大胆に進化したコレクションに。TrovataShipley & Halmosも期待どおり。Sue Stempはトレンドは別にして単純に好みでございます。Koi Suwannagateはヴィンテージの蝶のプリントに着想を得たというロマンティックな内容に。そしてシーズンを追うごとに気になる存在になっているのが、Alexandre Herchcovitch。今回はトレンチをモチーフに素晴らしい作品を見せてくれています。

このあたりは個別でご紹介するとして、その他の気になるコレクションをざっと。


ADAM
 Adam LippesによるADAM。前半のプリントやボーダー、スプライトを重ねたスタイリングも楽しいですが、中盤以降のエアリーなアイテムが素晴らしいですね。特にコバルトブルーとピンクが最高に素敵。







Threeasfour
 Adi Gil、Gabi Asfour、そしてAnge Donhauserの3人からなるデザインチームのThreeasfour。彼らの独特な曲線のカッティングや構築的なレイヤードスタイル、流れるようなヘムラインなどはそのままに、大胆にプリントを取り入れたコレクションを見せています。オープニングのルックは、ちょっとタツノコプロ系のキャラクターみたいに見えますが。スウィムウェアもちょっと気になりますね。









Karen Walker
 カジュアルなジャケットスタイルといえば、オーストラリア出身のこのKaren Walkerもわりと得意分野な印象ですね。クラシックなテイストのオックスフォードのシャツ地のアイテムが色々と。ボックスなシルエットのライトブルーのシャツは特に気になるアイテム。クロップトパンツやデニムのワイドパンツとのスタイリングがおもしろいですね。他にもプリントのアイテムやチェックに、鮮やかなブルーのドレスやワンピースなど、いつものように遊び心あふれる自由なクリエイションが盛り沢山。









United Bamboo
Thuy Phamと青木美穂によるUnited Bamboo。ソフトなプレッピースタイルと折り紙を想起させる構築性という、一見相反するデザインソースを絶妙に調和させたコレクションになっています。やっぱりブルーのショートなつくりのスーツが気になるなー。ちなみにショーの音楽は元Smashing PumpkinsのJames Ihaが手掛けたそうな。




| 2009 SS Womens | 00:19 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT