コソの出来事

SEARCH


2008-09AW New York Fashion Week Sneak Review Part 4
2008.02.12 Tuesday
Londonも始まってしまいましたが、ひとまずはNYのSneak Reviewを続けます。

ランウェイでビューで注目のKoi Suwannagateが期待に応えてくれたり、以外とVivienne Tamが気になったり、Zac PozenNarciso Rodriguezが当然のように素晴らしかったりというのはありますが、今日ご紹介するのは以下のデザイナーでございます。


L'Wren Scott
 L'Wren Scottも個人的に注目しているデザイナーのひとり。トレンドのボリューム感のあるシルエットとは一線を画し、ナロー&タイトなシルエットを貫いて、ディテールにこだわったつくりになっています。ファーストルックのジップアップからしてちょっとおもしろい感じ。これから相当期待できると思います。ほんと好き。








Boy by Band of Outsiders
 バイヤーの期待値も高いBand of Outsidersのウィメンズ。これは売れそう。





Obedient Daughters
 こちらもメンズ先行注目を集めているSwaim & Christina HutsonによるObedient Sonsのウィメンズ。ジャケットを中心にしたスタイリングということで、今年色々なところでお目にかかりそうな予感。





3.1 Phillip Lim
 "It's just pretty. It's not trying to be anything"ではない引き出しの豊富さを感じさせた今シーズンの3.1 Phillip Lim。若干消化しきれていないような気がするけれど、見慣れない感じだからかな。でも一見してわかる彼らしさはちゃんと残ってますよね。








Calvin Klein
 素晴らしい。この正確無比なシルエットと造形。さすがFrancisco Costa。











Zero Maria Cornejo
 ファーストルックにはぎょっとしましたが、中盤以降のブルー×ブラックは良いですね。ちょっとイレギュラーなトップとボトムのボリュームとシルエットの組み合わせに、プリントやカラーブロックでアクセントをつけながらも、まとめてしまう不思議なバランス感が魅力的。






| 2008 FW Womens | 00:49 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT