コソの出来事

SEARCH


2008-09AW New York Fashion Week Sneak Review Part 3
2008.02.07 Thursday
コレクションのスケジュール順に書いているわけではないので、色々と前後しますが、引き続き2008-09AWのNYのSneak Reviewでございます。

まずはざっとした感想をいくつか。

Marco ZaniniによるHalstonのリバイバル・デビューのコレクションはひとまず成功だったのではないかと。Chris Benzは旋風を巻き起こした昨シーズンと比べるとちょっと微妙かも。Proenza Schoulerはもはや別格。Doo Riは過渡期なのかなーとも思います。ほかには、ThakoonPeter Somがなんだかよく似た雰囲気なのが気になるとか。


Rodarte
 ますます注目のKate & Laura Mulleavyの姉妹によるRodarte。水のように流れる淡い色彩のドレスがやはり魅力的。パッチワークなテイストでカラフルに仕上げたアイテムもこれまでにない感じでおもしろいですね。彼女らの持ち味を崩すことなく、今季もまたうまく作品の幅を広げてきたところはかなり評価されて良いのではないかと。にしてもまるでクチュールを見ているようですな。ほんとに。









Benjamin Cho
 Benjamin Choも個人的にちょっと気にしているNYデザイナーのひとりなのですが。パズルピースやメタルのリングに大胆なフラワーモチーフ、そして最後の鹿のヘッドピースなどなんだかコンテンポラリーアートを見ているような気分になりますね。






Luca Luca
 いつになくシックな印象のLuca OrlandiによるLuca Luca。







Badgley Mischka
 時々気になるルックがあるので一応ちゃんとチェックはしているMark BadgleyとJames MischkaによるBadgley Mischka。Bianca Jaggerがこの秋冬のミューズだったそうで、確かにそのままといえばそのまま。それにしてもやはりドレスは素敵。








Tory Burch
 なんとなくTory Burch。どちらかというとスタイリングの巧拙の話ですけどね。甲虫のプリントはちょっとおもしろい。

| 2008 FW Womens | 02:42 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT