コソの出来事

SEARCH


2008SS Paris Fashion Week Sneak Review Part 5
2007.10.08 Monday
やっぱりParisは発表するメゾンの数も多いし、どれもちゃんとウォッチしないといけないものばかりだから大変だねー。Giambattista Valliは個人的には、too muchでしたよ。正直なところ彼がValentinoを継ぐのが一番合っていたように思ったりするのですが、いかがでしょう。


Jasmine Di Milo
 Santiago Calatravaの建築にインスパイアされたというJasmine Al FayedによるJasmine Di Milo。HarrodsのオーナーのMohamed Al Fayedのご令嬢で、もっと言えば故Princess Dianaとの悲劇的なロマンスで知られる故Dodi Al Fayedの兄弟ということになりますか。ParisよりはNYでコレクション発表した方がウケは良さそうな気がしたりはします。





Haider Ackermann
 Style.comのNicole Phelpsのこの評が今シーズンの中で、という意味ではまさにぴったり。
This was a dark, broodingly sexy collection that was at odds with the season's almost giddy spirits, and though it was not without faults, it was all the more compelling for it.
 ほんとに"broodingly sexy"。すごい好きではありますが。多分別エントリでまたちゃんと書きます。






Celine
 Ivana OmazicによるCeline。Michael Korsが離れてから、なんとなく安定していなかった時期が続きましたが、昨シーズンあたりから見えてきたIvana OmazicのCelineが今回ついに確立された感じ。Michael Korsの残したアメリカンなスポーツウェアの感覚を多少残しながらも、ひたすらカッティングとフォルムにフォーカスしたシンプルなコレクションを見せています。







Anne Valerie Hash
 これまではHaute Coutureの期間中にコレクションを発表していたAnne Valerie Hashが、RTWのカレンダーに登場。最近の彼女の作品はロマンチックな側面がより強く出ていたような気がしますが、元々はメンズウェアの要素を解体して再構築したような、ベルギーのデザイナーにも通じるアヴァンギャルドな作風とのバランス感覚が素晴らしいデザイナー。個人的にはデビュー当時の雰囲気が好きだっただけに、今季のようなコレクションを見せてくれるとちょっと嬉しいです。



| 2008 SS Womens | 15:25 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT