コソの出来事

SEARCH


2008SS Alexander Wang
2007.09.17 Monday
最近日本でも人気急上昇中のAlexander Wang

映画"Working Girl"や80年代のGiorgio Armaniに影響を受けたらしいですが、とりあえずそのあたりの事情はどうでも良いような気もします。

ショーの前週にフィッティングで訪れたモデルのIekeliene Stangeが"exactly what I want to wear."と叫んだというエピソードも紹介されているとおり、デザイナー本人もM.O.D. (Model Off-Duty)と呼ぶ、coolでchicな女の子のためのcoolでchicなワードローブ。

特に今回に関しては、それ以上でもそれ以下でもないのですが、全然問題ないんじゃないかと思います。

やっぱり着たいと思わせる服がそこにあるのだから。

Alexander Wangというデザイナーは23歳ながら、色々と本能的にこの世界の仕組みを理解しているのではないかと。エディターからの転身というのもいつも感じるのだけれど本当に正解。







| 2008 SS Womens | 18:25 | comments(4) | - |
COMMENT
dum
ひさしぶりに拝見しましたらコレクション・レヴューを再開されていたんですね。ここ数シーズン読むことが出来ずに残念でしたが、嬉しいです。できれば2008ssメンズもしていただければと思っています。特にクリスによるディオール・オムについて。

最近、良い意味でも悪い意味でも一番気になるデザイナーがクリス・ヴァン・アッシュです。最近の彼の服はメンズにしてはちょっとコンセプチュアル過ぎて、ディテールが凝りすぎな印象がありました。2008ssは自身のブランドは久しぶりにそういったディテールが控え目になった印象でしたが。

というよりもアントワープ出身デザイナーでちょっと気になる点がコンセプチュアルな作品は上手いんですが、単純にカッコいい服、美しい服、着たい服を作る上ではフランス人デザイナーの方が良いかもしれないという点です。アントワープ出身でもそういう服が上手いデザイナーはいますが。僕の最近のお気に入りのデザイナーであるアン・ドゥムルメステールは純粋に着たくなります。

クリスは最近、全てのコレクションを映像で観ましたがファーストコレクションが僕の中でベストでした。その後、シーズンを重ねるごとに彼本来の姿が現れてきて、それが僕にはあまり良い風には思えなかったもので。あくまでも個人的な意見になりますが。

大変だとは思いますがコレクション・レビュー楽しみにしています。
| mail | 2007/09/19 8:34 PM |

koso
>dumさん
コメントありがとうございます。

ちょっと2007-8AWの途中から滞ってしまってました。。。

僕もKris Van Asscheは好きなデザイナーのひとりですが、確かに最近よりは初期のコレクションの方が良い気がしますね。特にこのところはご指摘のように、全体のバランスにちょっと欠けているようにも感じていました。

Annはブレがないのも良いですよね。

2008SSのメンズもDior Hommeも含めてどこかのタイミングでなんとか書こうと思っていますので、またぜひ遊びに来てください。

| mail | 2007/09/24 11:07 PM |

dum
>kosoさん
お返事ありがとうございます。

レビュー楽しみにしてます。話は変わりますが、先日行われたラフ・シモンズによるジル・サンダー。素晴らしいと思いました。このところの彼は才能が爆発している気がします。その才能のすごさをシグネチャーよりジルでの作品に強く感じます。特にレディスですね。

アントワープ王立アカデミーへの入学を拒否されたという逸話も今では納得です。彼は天才なのかもしれない。そう思わずにはいられない。彼も純粋に着たい服を作るのが上手いです。

では楽しみにしてますので、ちょくちょく遊びにきます。
| mail | 2007/09/27 11:47 PM |

koso
>dumさん
コメント遅くなりすいません。

ちょっとレヴューがまた遅れてしまっていますが、せっせと書きますので少々お待ちを。

今回のJil Sanderはすごかったですね。これまではJil Sanderの元々の雰囲気をかなり気にしながら、という部分が見え隠れしていたように思うのですが、完全にRaf SimmonsのJil Sanderになったような気がします。

しかもシグニチャーとはまた違う新たな側面を見せてくれた感じで。
| mail | 2007/10/01 1:10 AM |

SEND COMMENT