コソの出来事

SEARCH


2008SS Doo.Ri
2007.09.17 Monday
個人的にいまNYで最も好きなDoo.Ri

2008SSにデザイナーのDoo-Ri Chungが見せたのは、得意の立体感のあるジャージー素材使いとドレーピングによる流れるようなスタイルに、今回のインスピレーションとなったというnettingの要素を加えることでもたらされた、よりsculpturalで構築的なライン。

デザイナー本人のコメントによると、"The netting was the inspiration [for the collection]. It started with that idea and it really lends itself to the entire line, in that it only added to what I normally do. The process is the same but the shape becomes different - more sculptural." ということのようで。

ドレスもスカートもパンツもウェストはすべて高い位置でマーク。特にワイドでフルレングスのパンツが洗練されたムードを巧く演出しているほか、ビスチェやコルセット的なアクセサリーやディテールもハイウェストを強調するのに重要な役割を果たしています。

ハイウェストに合わせるかなりショートなトップスも解く特徴的なアイテム。

また、全体的にこれまでのDoo.Riになくエッジーでストロングなイメージのコレクションの中に、繊細な空気をもたらしているのが、ニットのビスチェやトップス、ミニドレスにレイヤードされたオーガンザのブラウス。これも今回素晴らしい効果をもたらしているデザイナーの新しい挑戦のひとつだと思います。

それでも、Style.comの指摘にもあるように、最後に並んだサテンのオーガンザのガウンからも感じ取れるミニマリストな要素こそが、実は私が一番魅かれている部分なのかもしれません。

いずれにしても、シーズンを追う毎に高まる期待に見事に応えて素敵なコレクションを見せてくれた、Doo-Ri ChungによるDoo.Riでした。















【動画】ドゥーリー・チャンが語る、ドゥーリー08年春夏コレクション (MODE PRESS)
Video, Doo. Ri Spring-Summer 2008 Womens 'Runway Show' (Full Length) (Frillr)
| 2008 SS Womens | 17:39 | comments(2) | - |
COMMENT
ミラン
何となく着てる人の足を細く見せるような、デザインの気がしますが…モデルさんが着てると何とも言えませんけどね…笑
| mail | 2007/09/17 9:44 PM |

koso
>ミランさん
そうですねぇ。今季はなんとなくレッグラインを強調するようなスタイルが多い気がします。
| mail | 2007/09/19 1:04 AM |

SEND COMMENT