コソの出来事

SEARCH


2008SS Thakoon
2007.09.17 Monday
Doo.Ri、Phillip Lim、Alexander Wangらと並んでNYの若手の中でも一歩抜きん出た感のあるThakoon PanichgulによるThakoon

彼の造形的で構築的なテクニックではなく、デザイナー本人が"More than any other collection, this one is about mood. I've never worked in that manner. I'm searching for new ways to be inspired. I want to evolve and give myself opportunities to learn."とショーの後のインタビューで語ったように、ムードやストーリーといったコレクションを形作る気分に重点を置いたアプローチ。

ゆったりめのシルエットのTシャツやAラインに広がるスカートに、ブルーやグリーンにイエローといった原色にティールブルー、チェリーといった淡いパステルカラーを織り交ぜ、エスニックなプリントやパターン、タイダイ染めを施すなど、柔らかい空気感が印象的です。PanamaやTrilbyな帽子の効果もあって、カゴバッグ持ってピクニックにでも、というのがストレートな感想ですが。

しかし、より注目すべきなのは、オープニングを飾ったブレザーに代表される、アメリカン・スポーツウェアへの挑戦。シャツドレスやゆったりとしたセーターにボタンダウンのシャツなどが今回のコレクションのスタイリングのひとつの柱になっています。

また、スカートやワンピースを中心に多く見られたネイビー×ホワイト、イエロー×ブラウンといった組み合わせのプリントは、日本の漁村のスタイルや着物のパターンからインスピレーションを得たものなのだそうです。プリントでは、白地に色とりどりに広がる花柄や、エメラルドやネイビーのストライプも印象的。

終盤に並んだドレスのふわっとした“parachute skirts”も素敵です。

今後の成長にさらに期待を抱かせる、新たな挑戦と側面を見せてくれたThakoon PanichgulによるThakoonでした。











| 2008 SS Womens | 16:14 | comments(0) | - |
COMMENT
SEND COMMENT