コソの出来事

SEARCH


Today's Wire 2007/03/18
2007.03.18 Sunday
先週は水曜日に更新したままになっていたので、実質1週間以上空いてしまいましたが、最近の気になるニュースをご紹介。そしてとうとうF1も開幕してしまい、コレクションのレヴューもまだ全然進んでおらず。。。


ブラウザからデスクトップに回帰するアプリケーション (ITpro)
 このヘッドラインはあまり適切ではないですな。どちらかというと、ウィジェット的なコンポーネントや注目されているAdobeのApolloのようなプラットフォーム(AdobeのCEOのBruce Chizen氏のインタビューもどうぞ)を通じて、ブラウザというアプリケーションによって提供されていたWebサイトという統合的なインターフェースから、単機能化された個々のサービスがデスクトップに分散していくイメージ?マイクロコンテンツ化の進展は、情報流通をブラウザという枠組みからも開放するのではないかと。最終的には、「起動画面」という概念しか残らないのではないだろうか。で、それがいままでのようなPCや携帯端末のディスプレイだと思っていたら大間違いで、こんな感じのデバイスを通じて脳を通して直接視覚に作用しちゃったりするのかもね。完全にサイコミュな世界ですけど(笑)。でもいつも書いているように、SFで描かれた未来をそのまま辿ってきたのが人間の歴史だしね。


パソコン見放す20代「下流」携帯族 (FACTA online)
 各所で論議を巻き起こしているらしいこの記事ですが、指摘と結論は基本的に間違っていないと思いますね。今後インターネットのモビリティが進展することは間違いないけれど、携帯電話の主流であるテンキー配列と、従来からのPCのQWERTY配列とでは、発信できる情報量(この場合はあくまでテキスト量ということではあるが)の格差は歴然。スマートフォン的な端末が今後は普及していくことは間違いないと個人的には考えているのですが、その際も「価格」がネックになるのかも。


Mime (WebCreme)
 一方でアメリカのインターネットのモビリティ環境の進展は著しいものがありますね。こちらはMimeという携帯電話向けにパーソナライズド・ホームページを提供するサービス。 Google Personalized HomeやNetvives、Pageflakesの携帯版といったところですね。ニュースや自分の好みのサイトのRSS情報をアグリゲートして表示してくれるというもの。PC側のサイトがモバイルに対応してくれれば早いのですが、PC側のリッチコンテンツ化が著しいこともあって、なかなか難しいのかも。残念ながら日本の携帯では使えませぬ。


Exclusive: MySpace News Pics (Wired News)
 少し前から話題になっていたMySpaceによるソーシャルニュース的なサービスの概要が明らかに。Fox Interactive Media(FIM)による営業用のプレゼンテーション資料が流出したようです。先行するDiggと異なるのは、ニュースソースをユーザによる投稿だけではなくMySpace Newsが自動収集したものも用意しているという点。恐らくは、2006年にFIMが買収したNewrooという会社のニュースアグリゲーション技術を用いたものだと思われます。Newroo自体は、まだサービスをリリースしていないので、どのようなロジックになるのかは不明ですが。。。スクリーンショットを見ると、ニュースだけではなく商品などにも投票できるようで、ソーシャルショッピング的な要素も含んでいるようですね。MySpace程の規模のトラフィックをもつサイトになると、MySpace VideoをYouTubeに継ぐ動画共有サイトに短期間で成長させたように、力技で新規サービスやコンテンツを拡大できてしまうところが、他のベンチャーにとっては怖いところですな。


「ライコス」が国内で復―動画共有サービスを近く本格展開か (CNET Japan)
 この名前をまた日本で展開されるサービスとして聞くことになるとは夢にも思いませんでした。1998年に住友商事とTerra Lycosの合弁会社だったライコスジャパンが「Lycos Japan」を運営していたものの、2002年に楽天がライコスジャパンを買収して「infoseek」と統合したために日本からは消えていたブランド。日本でいつの間にか始まっていた「LYCOS clip」は、「マルチメディアブログ」と称して、ブログのエントリの形式で、動画や画像、それに普通のテキストをUPできるサービス。自分からUPしなくても、他の人がUPした動画などをクリップしていくだけでもOK。動きも軽いし、直感的に使えてなかなか良い感じに仕上がっているのではないかと思います。結構色んなエントリを見て回ってしまった。ちなみに運営しているのは、KDDIと韓国のDaum Communicationsの合弁会社で、カフェスタの運営で知られるタオン。カフェスタは、もともと東京電力傘下のパワードコムのサービスで、パワードコムの事業整理の関係でDaumの出資も受けて独立した会社になったわけですが、KDDIによるパワードコム買収を経て現在のような株主構成に。そしてこのDaumが本国のLycosの親会社であるために、今回日本ではタオンがLycosブランドのサービスを展開することになったようです。近々タオンは「ライコスジャパン」に社名変更され、法人としても5年ぶりに復活することになるという話も。勿論アメリカで、ユーザ同士で同じ映画を観ながらチャットが可能なLycos Cinemaを始めたり、Blinkxと共同でビデオ検索に乗り出したりと、エンターテイメント系を中心に色々と試みが始まったことに呼応した動きだと思われます。とりあえずは、懐かしい!ということでご紹介。


gooラボで仮想デスクトップ「ウェブデスクトップ」が開始 (CNET Japan)
 gooラボはコンスタントに色々なサービスをリリースしていて、偉いなーと思うのですが、これは微妙。別にデスクトップ環境のモビリティを実現しているわけではなくて、基本的にはgooとOCNの提供するサービスに限られているようです。まあそれでも構わない人々もいるのかもしれないけれど。


Google Phone confirmed! (Download Squad)
 前回のToday's Wireでお伝えしたGoogle Phoneの続報。スペインとポルトガルのGoogleの幹部が、「数ある研究プロジェクトの中のひとつ」としてある種の携帯端末の開発も行っていることを認めたそうです。とはいえ、我々が考えているのとはまた違った形なのかもね。Googleはミドルウェアとかインターフェース、サービスを担当するだけで、端末そのものを作るとは限らないし。


Google、情報をビジュアル化するTrendalyzer を買収 (SEMリサーチ)
 Googleがちょっとおもしろそうなソフトウェア技術を買収。Googleのマーケティング担当のSVPの Marissa Mayer氏が公式ブログでコメント。取得したのは、Gapminderという非営利組織が提供する無料のソフトウェアのTrendalyzer。Trendalyzerは数値や統計情報をビジュアル化してくれるソフトで、今回の買収に伴い開発陣がGoogleに移籍するとのこと。例えばこんな感じ。なかなかでしょ。


フェイス、新たな配信プラットフォーム構築と事業拡大を目指し新会社設立 (CNET Japan)
 個人的にはフェイスって非常に興味深い会社だと思います。持っているプラットフォーム的な技術は相当なものですよ。なんとなくマネジメントが拙い気がして、もったいないというか。このグループ企業のリストを見ると、その幅広さと目のつけどころの良さに関心してしまいます。


サンショウウオロボットで生物の進化を探る (ITmedia)
 この方は「サラマンドラ・ロボティカ」というそうです。ジュネーブ湖で泳いだり湖岸をはっているらしい。生物学がロボット設計に優れたアイデアをもたらすというか、ロボット設計を通じて生物の進化の過程を探っているというか。



ソニー、ワンセグとラジオが楽しめる携帯端末「XDV-100」 (ケータイWatch)
 欲しいような、欲しくないような。外に持ち歩くというか、仕事場のデスクとかに置いておくイメージかも。でも4万は高いですな。


Arts of the Month (WebCreme)
 最近かなりお気に入りなサイトのひとつ。Arts of the Monthは、写真やイラストなどの作品の投稿プラットフォーム。簡単に表現すれば、コンテンポラリー・アートにおけるYouTubeやMySpaceということですね。コンペティションが要素として加わっているのがポイントかな。カテゴリーはModern art、Photography、Webdesignの3つ。ファッション業界に特化したIQONSも本格的にスタートして結構おもしろいし。


Aston Martin Sold Back to UK (Luxist)
 噂通り、Ford Motor傘下のAston Martinが、David Richardsを中心とする投資家グループに売却されることが決定しました。トータルで9億2500万ドルと算定されたAston Martinのうち、投資家グループに売却されたのは8億4800万ドル。残りの7700万ドル分については、引き続きFordが所有するようです。David RichardsはProdriveを率いて様々なモーターレースのカテゴリに参入していますが、2008年に予定されているProdriveのF1参戦と今回の買収は直接的には関わらない様子。


松屋銀座で「リサとガスパール&ペネロペ展」−新作先行販売も (銀座経済新聞)
 松屋銀座の8階大催事場でゲオルグ・ハレンスレーベンとアン・グットマン夫妻による「リサとガスパール」シリーズや「うっかりペネロペ」シリーズの展覧会が3月14日から26日まで開催されています。今回の展覧会のために書き下ろした作品を含めた約140点の原画や限定商品、そして新作の「リサとガスパールにほんへいく」の先行販売も行われているようです。ぜひ。


一部議員が米軍によるイラク治安回復努力を妨害=米副大統領 (Reuters)
 チェイニー副大統領のコメント。
議員たちが反戦的な戦略を追求すれば、それは軍に対する支援でなく妨害行為となる。議員たちが勝利についてではなく、期間や期限などの勝手な条件を並べたてれば、時計を見ながらわれわれの撤退を待てば良いとのメッセージを敵に送るだけだ。
 正論と言えば正論。やるからには徹底的に。


仏大統領選、中道派バイル氏が初めてロワイヤル氏に追いつく (Reuters)
 ここに来て混戦模様。現任のシラク大統領はようやく不出馬を表明したわけだけれど、同じ与党の国民運動連合でも犬猿の仲のサルコジ内相には明確な指示を与えないし、社会党のロワイヤル氏はふがいなさ過ぎるし、というわけで中道派のバイル氏が消去法的に支持を伸ばす有様。個人的には、サルコジ内相が当選してばさばさと仕切ってくれることを期待。


米ハリバートン、ドバイに本社移転へ (Reuters)
 だんだんそういう時代になっていくのですね。ドバイは関心あるけれど、ずーっと住むことになるのは困るかなあ。


ジェイムズ・タッパー、アン・ヘッシュとの交際を認める (シネマトゥデイ)
 確かアン・ヘッシュは今年のアカデミー賞で司会を務めたエレン・デジェネレスとつきあっていたこともあるのだよね。まあどうでも良いのだけれど、アン・ヘッシュはわりと好きなので気になった次第。


大地真央さん、再婚へ (asahi.com)
 寝耳に水とはまさにこのことなのではないかと(笑)。松平健と2003年に離婚していた大地真央が、インテリアデザイナーの森田恭通と結婚。昨年12月に出会って交際が始まったというから、相当なスピード婚ですね。それにしても意外だ。。。


滝川クリステルの「モナリザ」ポーズに賛否両論 (J-CASTニュース)
 なにがいけないというのだ。滝川クリステルなんだから良いじゃないか。「違和感」ってなんなのさ。あっちゃいけないわけ?しかしそんなことが話題になるなんて、脳天気な番組審議会なのね。


ミス・ユニバース日本代表はダンスマスターの森理世さん (日経WOMAN)
 ミス・ユニバースの日本代表が決定。といっても、別にミス・ユニバースに関心があるというわけではなく。一応このブログのアクセスログ、特に検索エンジンからどんな検索ワードでアクセスして来ているかは、おもしろいからよく見ているのだけれど、ここ数日急増したワードがありまして。それが昔テレビ東京で放送していた「未来モデル」のセカンドシーズンに出演していた「中鉢明子」。なぜにいまさら?と思ってニュース検索をしてみると、この日経WOMANの記事に行き着いたというわけ。日本代表の選考のファイナリストに残り、最終的に3位に入賞したそうです。まあ彼女の経歴(と素質)を考えると、コレクションモデルはほぼ無理なような気がするし、社会的な素養がより強く問われるミス・ユニバースみたいな方が可能性は高かったのだろうね。でも、こういう芸能系の仕事でなくても、十分色々なチャンスがあると思いますけど。普通に。


慰安婦問題の再調査が必要だ (池田信夫ブログ)
朝日新聞という亡霊 (池田信夫ブログ)
ウィキペディアとの闘い (池田信夫ブログ)
河野談話の修正提案 (池田信夫ブログ)
 いまなぜ急に、という気もするのだけれど、ここまで来ると政府として日本という国として、立場を明確に宣言しておかなければならないはず。救いようもない大新聞に対する断罪とともに。で、こういうセンチメントとこういう話の枠を広げて希釈化することで吸収してしまおうという安易な論理展開(ですらなく単なるすり替えだが)が出てくることは容易に想像できるが、政治的にはあまりにも拙過ぎる。


安室奈美恵 Namie Amuro - Funky Town
 安室さんでございます。トラックもわりと良くできているし、ヴォーカルのディレクションの完成度(というよりは安室さんのスタイルとの馴染み具合?)はいままでよりもかなり良いのではないかと。買うなら(DVD付)が良いかも(笑)。
| Daily Digest | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL