コソの出来事

SEARCH


2007-08AW
2007.03.12 Monday
買い物していたりでかけてしまったり、色々読んでいたりでレヴューを更新できていませんんですが。。。

NYは別として、今回のミラノとパリは相当メゾンによって好き嫌いが別れています。個人的には。特にミラノ。

ここ数年そうなのだけれど、トータルの平均点で見るとミラノはおもしろくないですねー。影響力のあるメゾンが完全に固定化してしまっているという意味でも。

プラダマルニバーバリー・プローサムグッチに、最近ではジル・サンダーボッテガ・ヴェネタを押さえておけばOKで、今季もそれは変わりません。ちょっと今回のグッチは微妙ですが、この6メゾンのクオリティが飛び抜けてしまっているので、他に目が向かないのかもね。NYのように新人がどんどん登場してくるわけでもないし。

そんな中では、プリングル・オブ・スコットランドがなかなかの出来でした。マーロのデザインも手がけて注目の6267は、悪くはないのだけれど期待度が高いだけに、もう一歩求めたいかも。あとはヴェルサーチがシックに生まれ変わってびっくり。あれはあれで良いと思います。アレッサンドロ・デラクアもやはり好きだ。若手ではデレルクニーも気になるところ。

ドルチェ&ガッバーナを忘れているじゃないかと言われそうですが、僕のカバーする領域ではないというか、他への影響どうこうというより彼らの世界で完結しているような気がしていて、これまで殆ど書いたことがありません。でも今回のショーでもジゼルが久しぶりに登場したり、演出もかなりスペクタクルなショーだったようで感心いたしました。勿論コレクション自体もゴージャスだったしね。あのパワーはやっぱりすごい。

あとDスクエアードもカウボーイっぽいテイストが抜けて良い感じ。不思議なもので、今季はブルマリンアンナ・モリナーリがひっかかってきました。NYではジル・スチュワートマランドリーノが気になったり、デザイナー側と僕の心境のどちらの変化かわからないですが。。。マックスマーラも結構おもしろかった。

他はみんなマイケル・コースを珍妙にしてしまったような間違ったシルエットと、考え過ぎなフォルムの幾何学的でディテールばかりで、見ていてゲンナリしました。

でもなにはさておき、今季もパリは別格でしたね。先にパリを書こうかなあ。
| 2006 FW Womens | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL