コソの出来事

SEARCH


2007SS Alexander McQueen
2007.02.12 Monday
アレクサンダー・マックイーン。彼のコレクションもまた、ここでは殆ど取り上げていないですね。まあこれも基本的にLVMH派な僕のスタンスが多少影響していたりするわけですが。

回を追う毎にショーの演出が劇場的になっていく気がしますが、今回のテーマは「サラバンド」ということもあって、宮廷の舞踏会を思わせるまさにシアトリカルでクラシカルな内容です。彼の作品はさしずめ完璧に仕立てられた舞台衣装といったところ。

クリノリンやバッスルで象ったボリューム感のあるシルエット。特にヒップのラインを強調したシルエットが印象的。エドワーディアンなドレスに加え、マスキュリンなパンツスタイルも織り交ぜて魅せるロマンティックなコレクション。花をモチーフにしたディテールや小鳥が飛び交うプリントも素敵です。

こうした限りなくクチュールに近いコレクションも、ジバンシィ時代やロンドンのアトリエで続けているウェディングなどのオケージョン対応のスペシャル・オーダーのドレスの制作で培われた成果なのでしょうね。

37歳になった彼が自身について語った“The more I mature, the less confrontational I become,” he said before the show. “I’ve softened a bit in my old age”というコメントが非常に印象的だったアレクサンダー・マックイーンでした。








| 2007 SS Womens | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL