コソの出来事

SEARCH


2007SS Christian Dior
2007.02.05 Monday
このところRTWでは、すっかりリアル・クローズな路線が定着した感のある、ジョン・ガリアーノによるクリスチャン・ディオール

ガリアーノがデザイナーに就任して10周年を迎えた今回ですが、彼の手がけたコレクションの中でも、最もシックでシンプル、かつモデストな作品になっているのではないかと思います。BGMに選ばれたクリスティーナ・アギレラの最新作のタイトルのとおり、まさに"Back to Basics"なコレクション。

クチュールのテクニックを存分に用いながらも、コットンやシルク、レザーといったベーシックな素材をシンプルなシルエットに仕上げ、グレーやピンク、クリーム、モスグリーンといった淡いトーンの色使いが、落ち着いた印象を与えます。

スパンコールやラインストーンのロマンチックな装飾も主張し過ぎないバランス感が素晴らしい。そして、2006-07AWのクチュールで見せた甲冑のようなデザインが、刺繍やショルダーやペプラムにかけてのディテールなどに形を変えて登場し、エレガントな雰囲気を演出していることも忘れてはならない要素。

それにしても圧巻なのは、シルクのロングドレスの優雅な美しさ。

まだ10年。2007SSのクチュールでは、圧倒的なイマジネーションとクリエイティヴティを改めて見せつけてくれたジョン・ガリアーノに、次の10年への期待感が一層高まったクリスチャン・ディオールでした。











| 2007 SS Womens | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
SEND COMMENT









TRACKBACK
TRACKBACK URL