コソの出来事

SEARCH


2007SS Haute Couture
2007.01.31 Wednesday
1月半ばからのコレクション・サーキットはほんとに殺人的ですな。。。

個々のメゾンのレヴューは後日ということで、ひとまず2007SSのクチュールの全体の雑感を。


まずは何をさしおいても、とにかくクリスチャン・ディオール!様々なところで既に大絶賛されていますが、久しぶりにジョン・ガリアーノ本来のクリエイションが戻ってきた感じ。やっぱり彼はこうでなくちゃ。現在のモードの世界において、クチュールをひとつのアートのメディアとしてここまで昇華できるデザイナーは、たぶんジョン・ガリアーノだけ。本当に感動モノでございます。ただ、和な要素にばかり気をとられると、今回のコレクションの本質を見落としてしまうような気がします。at a glanceな個人的な見解ですが。






リカルド・ティッシによるジバンシィも好きな感じ。なかなか難しいところだけど、徐々に彼のテイストが定着してきたんじゃないかと思います。今回はシルエットとボリューム感に特徴を持たせながらも、主張し過ぎないバランスに好感。シンプルなプロポーションの美しいドレスも素敵です。





そして毎シーズン最もリアルなクチュールを見せてくれるシャネルも素晴らしい。2007SSのRTW全体の流れを受けてか、若干フューチャリスティックな雰囲気を加えてモダンにまとめているところは、さすがカール・ラガーフェルドとしか言いようがありません。






| 2007SS Haute Couture | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |