コソの出来事

SEARCH


Today's Wire 2007/08/30-31 (Fashion/Mode)
2007.09.02 Sunday
さてさて、8月30日と31日分でございます。10月くらいから色々と更新方法とか変えようかなー、と思っている次第。


Guilfoyle Named Publisher of WWD (WWD)
 9月10日付でWWDの発行人に現在はReader's Digest Associationに在籍しているChristine Guilfoyleが就任するそうです。彼女は2005年のEvery Day with Rachael Rayのローンチ以来、発行人を務めてきた人物で、WWD及びその関連出版物のビジネスと広告すべてのオペレーションを担当することになります。


Henri Bendel Salutes 100 Years of the Brown-and-White Stripe (WWD)
 今年はspeciality storeにとってはanniversaryな年のようで。既にPradaによる限定アイテムが話題になっているNieman Markusだけではなく、Henri Bendelも今年創立100年を迎えるというお話。100周年を記念して、Anna Sui、Alice + Olivia、Peter Som、Matthew Williamson、Josh Goot、Elise Overland、Pollini by Rifat Ozbeckといったデザイナーの作品のオークションイベントが9月11日にHighline BallroomのThe Brown & White Ballで開催されるそうです。


SEVIGNY'S NEW FASHION EXPERIMENT (British Vogue)
 Chloe SevignyがNYのOpening Ceremonyとのコラボレーションで、同名の"Opening Ceremony"という新しいレーベルを立ち上げ、New York Fashion Weekでデビューコレクションを発表するらしい、というお話。ひとまず全10型からなるそうで、Opening CeremonyのファウンダーであるHumberto Leonほか数名の友人がデザインに関わっているとのこと。まあChloeはImitation of Christのcreative directorだったこともありますからねぇ。とりあえずどんな作品が出てくるのか、気になるところでございます。


Ferragamo Taps Ortiz as Creative Head (WWD)
 現creative directorのGraeme Blackが、シグニチャーに専念するため、2008SSを最後に退任することが既に発表されているFerragamoから、新たなRTWのcreative directorとしてCristina Ortizが指名されたことが明らかにされました。今年10月からFerragamoに加わり、デビューコレクションは2008-09AWになる予定。アクセサリーについては、James Ferragamoが担当するとのこと。引き続きのカナリア諸島出身のCristina Ortizは、LanvinやPradaでの経験があり、2006年2月からはBrioniのcreative directorを務めていた人物。CEOのMichele Norsaによると、来年のIPOに向けて新たなイメージを構築する上でも最適な人選なのだとか。


Jacobs, Rucci to Show in Paris (WWD)
 これまでNYでコレクション発表を行ってきたMarc JacobsとRalph Rucciが2008SSはParisでRTWのランウェイショーを見せるというお話。10月7日になるそうです。


JOIN THE STARS AT ICM (British Vogue)
 ImanやHelena Christensen、Natalia Vodianova、Carmen Kass、Erin O'Connor、Elizabeth Jaggerらのトップモデルに加えて、Daniel Craig、Orlando Bloom、Rachel Weisz、Michael Caineといった俳優も抱えるタレントエージェンシーのICM Modelsが"Independent"というブランドで生まれ変わります。月曜日に新しいサイトもオープンするそうで。やはりエージェンシーというと、IMGが気になるところではありますね。Independetでmanaging directorとなるGavin Myallによると、昨年話題になったRoland MouretとSimon Fullerに見られるようなデザイナーとの契約については、慎重な姿勢のようです。




DRESS LIKE AN ITALIAN (British Vogue)
 Vogue Italiaがこの60年代から現在までのモードの歴史を写真で振り返る"50 Years of Italian Style"という写真展が9月18日にRoyal Academy of Artsで開催されるそうです。展示されるのは、David Bailey、Patrick Demarchelier、Bruce Weber、Peter Lindbergh、Steven Meiselらの作品で、Londonを皮切りに各都市に巡回していくようです。
| Today's Wire | 02:57 | comments(0) | - |
Today's Wire 2007/08/28-29 (Fashion/Mode)
2007.08.29 Wednesday
8月27日と28日のFashion & Modeなニュースをまとめて。


A&F's Hollister Comes to SoHo (WWD)
 Abercrombie & Fitch Co.が2009年春にHolisterのフラッグシップをNYのSoHoに導入するというお話。最近彼らが購入した600 Broadwayにオープンするようです。ちょっと先ではありますが、このあたりの慎重なビジネスの拡大の進め方がこの会社の一番良いところのひとつだったりもします。


In Brief: Bloomingdale's Appointment... Visconti to New York & Co... (WWD)
 Bloomingdale'sがアクセサリー担当のfashion directorとしてBrooke Jaffe Scottを任命したというお話。最近退社したSheila Aimetteの後任人事で、レポートラインはファッション担当VPのStephanie Solomon。Brooke Jaffe Scottは2004年からStyle magazineのアクセサリー担当のエディターをしている人物で、今後はBloomingdale'sでバイイングや限定品の開発、広告、カタログ関連の仕事に携わることになるようです。


Baugur Banking on Growing Brands (WWD)
 昨年Matthew Williamsonの株式の26%を取得して話題になったIcelandのBaugur Groupのお話。元々は現CEOのJon Asgeir Johannessonが父親と1989年に地元で始めたBonusという食料品のディスカウントストアがルーツだったりするわけですが、この20年あまりの間に、Arcadia GroupとのTopShopやMiss SelfridgeのIcelandでのフランチャイズ契約などを通じて成長を遂げてきました。最近もSaks Fifth Avenueの8.1%の株式を獲得するなど、なかなかおもしろい動きを見せております。


MCM Relaunching in U.S. (WWD)
 MunichのMCMがUSで来月リローンチされるというお話。2005年にAdidasの当時global creative directorだったMichael Michalskyをcreative directorとして迎えて進めてきたデザインのリニューアルをもって遂に再上陸という運びになったようで。Bloomingdale'sやIntermix、Fred Segalでの取り扱いになります。


Illustrator Draws on Experience (WWD)
 Bloomingdale'sやHenri Bendelのショップ内の壁画など、イラストレーターとしても知られる(というかその方が有名)Chesley McLarenが、9月6日と7日の2日間にわたって、Demoiselle by Chesley McLarenのお披露目をするそうです。
Holiday Princess (Princess Diaries) Obsessed by Dress Zat Cat: A Haute Couture Tail


Fashion Scoops: London, Mate... Skeleton Crew... Noise Makers... (WWD)
 New York Fashion Week期間中の9月7日にPradaのSoHoのEpicenterで、The Hoursのprivate concertが行われるというお話。しかも最近オークションでプラチナにダイアモンドをちりばめたスカルが1億ドルで落札されたばかりのDamien Hirstによるスカル型のミラーボールの下で。さらにAfter PartyにはLCD Soundsystemが登場するそうな。ちょっと行ってみたいね。同じ9月7日に5th AvenueにフラッグシップをオープンするのはRoberto Cavalli。18時から20時にかけて催されるオープニングレセプションには、Diane Kruger、Joshua Jackson、Mena Suvariらが訪れる予定とか。Fashion Scoopsからもうひとつ。これまでNew York Fashion Weekのメイン会場であるBryant Parkではショーを行っていなかったMiss Sixtyが、今年は9月6日10時に初登場。Hilary SwankとMaggie Gyllenhaalがフロントローに並ぶことが決まっているようです。
Sound of Silver


Marvin's Bigger Room: New Traub-Led Group Invests in Williamson (WWD)
 Bloomingdale'sの元会長兼CEOのMarvin TraubがMortimer SingerとAslaug Magnusdottirともに立ち上げたTSM CapitalがMatthew Williamson Holdings Ltd.に投資を行ったというお話。Mark Jacobs InternationalやDonna Karan InternationalのCEOを務めたJeffry Aronssonが立ち上げたAronsson Group, LLCとの共同出資になるようです。TSM Capitalは、今後3年間に売上が500万ドルから5000万ドルといった範囲のスタートアップのデザイナーやリテール関連のビジネスを中心に、10の投資案件を遂行する目標のようです。TSM Capitalの創始者に名を連ねているMortimer Singerは、2002年に元々J.P. Morgan Chase & Co.からファッションビジネすのコンサルティングを行っているMarvin Traub Associatesにsenior vice presidentとして参画した人物。もうひとりのAslaug Magnusdottirは同じくMatthew Williamsonに投資しているBaugur U.K.から移籍してきたそうです。さらにVogueのcontributorでsocialiteとしての活動でも知られるLauren Davisがadviserになっているという強烈な布陣。これに加えてJeffry Aronssonのグローバルなビジネス展開の経験を活用できるとなると、Matthew Williamsonの今後には相当期待できそうな気がします。ちなみにMatthew Williamson Holdings Ltd.の株主構成は、今回の投資により、Baugur Groupが26%、TSM Capitalが22%、デザイナー本人とCEOのJoseph Velosaが52%へと変化しています。ファウンダーが過半数をしっかり押さえている状況には変わりはないということで。


Wal-Mart Gets Gnarly, Signs Exclusive Deal For Ocean Pacific Op (WWD)
 この秋冬のADにTeri Hatcherを起用したBadgley MischkaDanskinを傘下に持ち、Rocawearの買収でも話題となったIconix Brand Groupが、同じく傘下のOcean PacificとOpのブランドで、Wal-Mart向けにexclusiveなラインを展開するというお話。Regatta Pacific AllianceとのMetro 7の拡大や不調が伝えられているUKのAsadaのGeorgeなど、ファッション分野においては課題も多いWal-Martにとっては、有力な施策のひとつとなりそうです。Ocean Pacificにとってもそのsurf brandとしての確かなポジションに加えて、life-style brandに向けた新たな段階を目指すにあたってまたとない機会になりそうです。Wal-Martのグローバルなネットワークも活用できるということで。ローンチは来年春の見込み。日本でお目にかかることはないような気がしますが。


Beauty Beat: Shiseido Sells Zirh Men's Brand... (WWD)
 資生堂がメンズのスキンケアブランドのZirhを前社長のBrian Robinsonが率いる投資家グループに売却するというお話。金額は明らかにされていませんが、2500万ドルから5000万ドルの間と考えられています。ちなみにZirhの全世界での年間の売上高が2500万ドル程とのこと。Brian Robinsonは元々は経営コンサルタントとしてZirhに関わっていましたが、1998年に買収。2000年に資生堂が58.3%の株式を取得し、さらに2003年には79%まで所有比率を引き上げ、翌年には100%子会社化しています。Brian Robinsonは、資生堂の傘下でFrench Connection U.K.やJohn Varvatosのフレグランスのライセンスビジネスを展開するなど活躍してきましたが、2004年には退社しています。ZirhのブランドはBrian RobinsonのZirh Holdings LLCで管理されますが、John Varvatosのライセンスに関してはZIC Corp.という新会社の下で引き続き資生堂が権利を保有する模様。FCUKについては、1年以上前に契約が切れているようです。資生堂はZirhの売却後も、メンズスキンケアには力を入れて行くことのこと。日本ではあまり知られていませんが、ZirhはEstee Lauder Cos. Inc.傘下のCliniqueのSkin Supplies for MenやLab Series Skincare for Menに続いて3番目の評価を得ているメンズスキンケアのブランドなのだそうでございます。
| Today's Wire | 23:08 | comments(0) | - |
Today's Wire 2007/08/27 (Fashion/Mode)
2007.08.28 Tuesday
諸事情によりちょっとタイミングが遅れていますが、今週のFashion & Modeなニュースを1日ずつご紹介していきますです。とりあえず8月27日分ということで。


Kellwood Promotes Kimora Lee (WWD)
 先週創業者兼CEOのRussell Simmonsが去ることが明らかになったばかりのPhat Fashionsのお話。一応Russellとの夫婦関係は続いているKimora Lee Simmonsが、Phat Fashionsのウィメンズ、メンズ、キッズのすべての部門のcreative directorに昇格したようです。これまでは自身がスタートしたBaby Phatのcreative directorというポジションでしたが、今後はPhat Fashions全体の商品開発やマーケティング、広告など全般にわたって担当することになります。レポートラインは、Phat Fashions社長のBernt Ullmannということに。ちなみにPhat FashionsはRussell Simmonsの売却により2004年からアパレル大手のKellwood Co.の傘下になっています。


Brooks Bros.' Hopes High for Black Fleece (WWD)
Black Fleece Set For Brooks Debut (DNR)
 Thom BrowneとBrooks BrothersのコラボレーションによるBlack Fleeceが9月10日に遂にローンチされるというお話。限られたクライアントを招いたThom Browne自身によるtrunk showも好評だったようで、2700ドルから2900ドルといったレンジのスーツの他にも150ドルのネックウェアやシャツ、Vネックのカシミアのセーター(700ドル)などが人気のアイテムだったとのこと。これまでのBrooks Brothersがリーチできなかったような、若くてfashion-orientedな層にもThom Browneのデザインというところでアピールできているようです。まずは1000万ドルの年間売上を目標としているようですが、やはりウィメンズも用意されているところが気になりますよねぇ。とりあえずADにInguna Butaneが出ているだけで個人的には満足だったり。






Memo Pad: Emap's big Break Up... Artful Cause... Mad About Mad Men... (WWD)
 以前も噂ベースということでお伝えしましたが、イギリスのメディア・コングロマリットののEmapの経営陣が、グループの各ビジネスの売却を本格的に検討し始めた模様。彼らのビジネスは、大きく分けてGraziaやFHMといったコンシューマー向け、WGSNなどのB2B、そしてラジオ部門の3つ。イタリアの出版社のMondadoriも所有しているprivate equityのApax Partnersが既に関心を示しているほか、Conde NastHearst Corp.に加えてTime Inc.の1部門であるIPC Mediaなども買収先候補となっているという情報も。Emapは1部門を保持しLondon Stock Exchangeへの上場を維持するという話もあり、まだ流動的な状況のようですが、遅くとも来月始めにははっきりしてくるようです。
 9月4日に発売されるPaper Magazineの最新号には、Creative Growthという障害のある人々の芸術活動を支援するグループから13人のアーティストを迎えてファッションの世界を描いた特集が掲載されるようです。なかなか興味深い。そしてカバーには、先日亡くなったIsabella Blowへの追悼特集にちなんで、彼女風のスタイリングのモデルが登場。
| Today's Wire | 02:08 | comments(0) | - |
Today's Wire 2007/08/20 (Fashion/Mode)
2007.08.21 Tuesday
ささっと8月20日のFashion & Modeなニュースをご紹介。


Memo Pad: Tom Totally Nude - Again... Pop Goes The Weasel... Oh, There Are Articles, Too...
 露出狂として知られるTom Fordですが(失礼)、5年前に騒ぎを起こしたYves Saint Laurentのフレグランス"M7"のADに続き、今度はTom Ford for Menできわどいことをしてくれるようです。といっても今回は女性だしもっと"demure"なアプローチらしい。4月に一度完成したMarilyn Minterによる作品からTerry Richardsonに切り替えたりと、色々経緯があるみたいですが。Tom Ford Beautyが Est?e Lauder Cos. Inc.の一部門だったりする手前、さすがにあんまり妙なことはできないよね。たぶん。


Refinery29 Peeks Behind Fashion Week Curtain (WWD)
 インディーズの新進気鋭のデザイナーブランドを支援しているRefinery29が、9月5日にスタートする2008SSのNYコレクションに向けた"The Countdown"という企画をスタート。5人のデザイナーに焦点を当て、準備の状況などをインタビューと現場の映像を交えながら伝えるビデオコンテンツになっております。まずはVena Cavaからストリーミングが始まっています。今後は8月27日にAlexander Wang、8月29日にRag & Bone、9月3日にJeremy Laing、9月5日にKaren Walkerが順次登場する予定。それにしてもRefinery29も改めて見ると充実していておもしろいよね。


A Neighborhood Gem: Jewelry Retail Booms on Madison Avenue (WWD)
 ManhattanのDiamond Districtのお話。West 47th Streetあたりに密集しているのはよく知られているけれども、ParisのVendome(Van Cleef & Arpels、Fredなど)やLondonのBond Street(Asprey、Graff、Tiffany & Co.やCartier)のような由緒ある雰囲気とはちょっと違ったりしますよね。もちろん5th AvenueにもTiffany & Co.やCartierなど多くのジュエラーがフラッグシップを構えているのだけれど、観光客が中心でファッションよりな雰囲気が年々強くなっていることもあってか、少し離れてUpper Eastの完成な高級住宅街に近い、Madison AvenueのEast 60th Streetから70th Street界隈での出店が相次いでいるようです。Graff、Chopard、Asprey、Bulgari、Fred Leightonなどに加え、Ivanka TrumpがDynamic Diamond Corp.(Diamond Trading Co.のSightholderのひとつ)と組んで新たにが仕掛けるショップが来月オープンする他、設立2年で急成長を遂げているLeviev Group of CompaniesのLeviev(オーナーのLev LevievはZaraGottexにも投資している人物)や今年創立100周年を迎えるKwiat、IsaacsなどもMadison AvenueでUSデビューを飾る予定。GraffやChopardは既存のショップの拡張を計画しており、当面このあたりの動きから目が離せない感じでございます。


LONDON ROCKS (British Vogue)
 Sotheby'sが昨年開催して大成功を収めたイギリスのジュエリー・デザイナーによるプレミアムな作品のオークション企画"London Rocks"が今年も9月14日から18日にかけて開催されます。Stephen Webster、Fiona Knapp、Pippa Small、Theo Fennell、Zoe Arnold らに加えて、Andrew Lambといった新人デザイナーも含めた18人の作品が出品されます。かなりすごいことになっているので、入札する予定のある人もない人もぜひ一度サイトを覗いてみてくださいな。



毎日ファッション大賞:発表(その1) 大賞・阿部千登勢さん (MSN毎日インタラクティブ)
毎日ファッション大賞:発表(その2) 新人賞・資生堂奨励賞/話題賞 (MSN毎日インタラクティブ)
 今年で25回目を迎えた毎日ファッション大賞の受賞者が発表されています。大賞はsacaiの阿部千登勢、新人賞・資生堂奨励賞にSOMARTAの廣川玉枝という非常に的確な選考結果でございます。ともかく日本だけではなく海外の土俵でもきっちりと評価されている(あるいはされ得る)デザイナーが選ばれたということで、喜ばしいかぎり。特にSOMARTAには期待しています。とても。
| Today's Wire | 02:48 | comments(0) | - |
Today's Wire 2007/08/15-17 (Fashion/Mode)
2007.08.18 Saturday
ちょっと長めに書いてしまいましたが、今週後半のFashion & Modeなニュースをまとめてご紹介。


A Growing Taste for Beauty: Liberty Media Buys Stake in Borba (WWD)
 QVCやDiscovery Channel、IAC/InterActiveCorp、Expedia、DirecTVなどを傘下に持つLiberty Mediaがスキンケア系のサプリンメントのBorba少数株主になったというお話。金額は明らかにされていませんが、500万ドルと想定されています。これまでCATVや衛星といったテレコミュニケーションやメディアの世界の重鎮として君臨してきたJohn Maloneですが、ビューティ関連への投資は、これまでにもBare EscentualsPhilosophyに対して行っているので初めてではありません。わかりやすくQVCで販売されていたりするわけですが。Borbaの創業者兼CEOで最大株主でもあるScott Vincent Borbaは留任するほか、MySpaceを生んだIntermix Media Inc.の創業者で、2年前にBorbaに300万ドルの投資を行ったBrad Greenspanも引き続き少数株主となっているようです。もちろんBorbaもQVCで販売されることになるわけで、売れ続けそうな素材は自分で持ってしまう、というのはある程度正しい戦略なんだろうとは思いますです。はい。


FOOTPRINTS IN TIME (British Vogue)
 1857年にAlfred Jonesが妻のEmmaとともにBayswaterにオープンしたfootwear shopのJones Bootmakerが創立150年を記念して、4モデルからなるカプセル・コレクションを発表しているというお話。4つのモデルは、50年毎の歴史をたどり、1857、1907、1957、2007と名付けられ、それぞれの時代のスタイルにインスパイアされたデザインになっちえる様子。下の写真は"1957"。



TO DO EDIDI(British Vogue)
 Brownsが送り出す注目のアクセサリーブランドのEdidi。デザイナーのWendy Lauによる、metalとgemstoneを多様したハンドメイドのクラッチは確かにかわいい。Brownsでは現在jewellery専用のスペースの設営工事を行っているそうで、Edidiのクラッチもそこに並ぶはず。



Li & Fung USA Buys Regatta (WWD)
 Retailerと共同でexclusiveなアパレルブランドを開発して展開するproprietary brand businessが注目を集めていますが、この業界の代表的な企業であるRegatta Pacific AllianceがLi & Fung USAに買収されるというお話。金額は最低でも1億4500万ドルになるそうです。Li & Fung USAは、香港のLi & Fung Group傘下でサプライチェーン関連全般を担当するLi & Fung Ltd.のUS部門というポジションのようで。Regatta Pacific Allianceは、Kohl's向けにSimply Vera Vera WangやDaisy Fuentes、Wakmart向けにMetro 7、Charming Shoppes Inc.向けにB Streetを展開し、現在はKarl Lagerfeldとのプロジェクトが進行中。他にもNicole MillerやTodd Smithなども手がけています。Regatta Pacific Allianceの現在のマネジメントチームはそのまま留任するほか、CEOのHaim DabahはLi & Fung USAのboard memberに迎え入れられるとのこと。
 Proprietary brand businessでは、少し前にPolo Ralph Lauren Corpが"Global Brands Concept"というinitiativeでretailerに対してコンサルティングから製造までを手がけるビジネスをスタートし、その最初の取り組みとしてJ.C. Penney Co. Inc.とAmerican Livingというライフスタイル・ブランドの立ち上げを発表したことが話題になっていましたね。アパレル大手のJones Apparel GroupやLiz Claiborne Inc.がブランド・ポートフォリオの見直しに取りかかっていますが、こうした大手からspin-outされるブランドの引き取り手としても注目されているようです。ただし、Li & Fung USAのRick Darlingのコメントにもあるとおり、必ずしもブランドそのものを所有する必要はないというのも、このビジネスの利点の1つだったりするわけで。
 ちなみにDaisy FuentesとMetro 7はそれぞれ既に1億ドル単位の売上があり、9月にローンチされるSimply Veraは今後数シーズンで数億ドル規模のビジネスに拡大する見込みのようです。


Fashion Scoops: Photo Op... Life Of Bryan... Topshop Takes London... Move Over... (WWD)
 Bryan Bradleyはとっても忙しいというお話。Tulehに加えてシグニチャーを展開しているだけではなく、Bryan by Bryan BradleyというLord & Taylor限定のラインも手がけるらしいです。


Posen's Portfolio to Add Watches (WWD)
 Zac Pozenのコレクションに新たなアイテムが登場。今度はE. Gluck Corpと組んで時計を展開するようです。実はこれがZac Pozenにとって最初のライセンス契約なのだそうな。
| Today's Wire | 14:19 | comments(0) | - |
Today's Wire 2007/08/14 (Fashion/Mode)
2007.08.15 Wednesday
今日もショートですが、Fashion & Modeなニュースをご紹介。まあ業界のお話ばかりですが(私は全然業界の人じゃないですけど)。


■A DESIGNER OPPORTUNITY (British Vogue)
 この春夏でブレイクした感のあるOsman Yousefzadaのサンプルセールが今週金曜日に開催されますよ!というお話。3, New Quebec Street, London, W1で11:30から19:00まで。現地の方はぜひぜひ。






In Brief: ASDA Loses George Chief... Wage Woes for Arcadia... Taking
China to the WTO... (WWD)

 Wal-MartがUKで展開しているGMSチェーンのAsdaでアパレル部門のGeorgeのmanaging directorを務めていたAngela Spindlerが"family reasons"により退任するというお話。後任が見つかるまでは、Asdaの社長兼CEOのAndy BondがAngela Spindlerの職務も兼任するとのこと。Angela Spindlerは10年来のベテランで、Georgeの急成長に大きく貢献した人物として知られています。ただ最近ではペースが鈍っており、競合に押されているという話も。UKの売上高ベースのアパレル市場のシェアは、Marks & Spencerが11.4%、Primarkが8.9%、Tescoが8.6%で、Asdaはそれに続く7.5%となっています。こうして見るとPrimarkってやはりすごいね。ちなみにGeogeは、来年オンラインストアをスタートさせるほか、USへの再上陸も計画されているようです。


J. Crew Line Goes Luxe (WWD)
 Millard "Mickey" Drexler会長兼CEOの下、好調に業績を拡大しているJ. Crewが満を持して送り出す"J. Crew Collection"のお話。まずは今秋厳選されたアイテムをオンラインで小規模にローンチした後、4月22日にNYの79th Steet近くの1035 Madison Avenueに2500平方フィートのフラッグシップを初の店舗としてオープンする予定。そもそもは、2004年に展開したLoro Pianaとのコラボレーションによるカシミアとウールのアイテムが非常に好調だったことから、"unparalleled quality, high-end detailing and luxury at a more approachable price point"な路線を追求することに決めたそう。J. Crewは"Collection"のラインを展開するにあたっては、クチュール・ビーズのShameeza、プリントではRatti、レザーのBorge Garveri、サテンではChanelやVera Wangとの仕事で実績のあるClericiなどとパートナーシップを結んでクオリティの高いアイテムの提供を目指したとのこと。お値段はカシミアのハッキング・ジャケットが595ドル、スエードのドレスも同じく595ドル、シルクのガウンが1950ドル、カシミアのカーディガンが298ドル、プリントのベビードールなドレスが225ドルといった感じになるようです。
 Millard Drexlerのコメントはいずれも至極当然の戦略展開の仕方を語っているのだけれど、これを急ぎすぎずに着実に、かつJ. Crew並みの規模のブランドでイメージの再構築と並行して進めて行くことがどれだけ大変なことか。経験と実績に裏打ちされた彼の言葉だけに重みがありますな。
We've trained our customers to understand the level of quality.
 これってそう簡単に言えることではありませんよ。
| Today's Wire | 02:15 | comments(0) | - |
Today's Wire 2007/08/13 (Fashion/Mode)
2007.08.14 Tuesday
やはりお盆の東京って人も車も少なくて良いですね。完全にクルージングになってます。一応休みじゃないんですけど。


Black Exits Ferragamo (WWD)
 Ferragamoのhead women's wear designerであるGraeme Blackが再び辞任するらしいというお話。2001年にchief women's wear designerとしてFerragamoに入社したものの、2004年にはNathalie Gervaisがcreative directorに任命されたのを受けて一度社を去り、その半年後の2005年にはコンサルタント的役割で復帰して現在に至っていたのでした。9月に発表される2008SSが彼による最後のFerragamoのコレクションになるようです。WWDが報じているところによると、2005年の秋にスタートした彼自身のシグニチャーに専念したいという意向が強くなったのが理由のようです。彼の拠点がロンドンということも影響している模様。ちなみにGraeme BlackのシグニチャーはSaks Fifth AvenueやBrownsで取り扱われているそうです。写真は彼によるFerragamoを着たYasmin Le BonとErin O'Connorに挟まれたデザイナー本人。



Ann Taylor CFO James Smith Resigns (WWD)
 ショートに人事のお話。AnnTaylor Stores Corp.のexecutive vice president兼CFOのJames M. Smithが"pursue other interests"を理由に辞任したそうです。なんだろうね(笑)。


Memo Pad: Smoke 'Em If You've Got 'Em... Second Coming... (WWD)
 Glamour誌がellegirl.comでexecutive editorを担当していたAnne Sachsをオンライン版のeditorとして採用したというお話。今後はブログコンテンツを強化していく方針のようで、最近ではあのPerez HiltonによるPereztasticなどがスタートしています。Sugar Publishngのようなスタイルを狙っているのかな。


THE N PEAL EFFECT (British Vogue)
 Sara BermanとAimee Bermanの姉妹がco-creative directorとして任命された、カシミアで知られるN Pealの新しいコレクションのお話。このブランドのアーカイヴにもインスパイアされた2007-08AWは、Bermansが大ファンだというF Scott Fitzgeraldの描いたGreat Gatsbyの1920年代から1930年代の雰囲気になっているそうな。彼女らはWest EndのBurlington ArcadeのN. Pealの新しいショップのデザインにも関わったりしているそうです。まだ日本ではあまり取り扱いがないように思うけれど、要注目ということで。



Revamping Aquascutum: U.S. Return Seen Key to Brand Overhaul (WWD)
 Pringleの復活を指揮したことでも知られる社長兼CEOのKim Winserの下でブランドの再構築を進めているAquascutumのお話。Luxuryなブランドとしての認知を広めるため、この秋コートとトレンチを中心としたlimited edition collectionでUSに再上陸します。こちらでもご紹介したGisele BundchenとJamie Dornanを採用したADもそうした戦略の本気度も伝わってくる内容ですな。2010年までに現在の倍の4億4000万ポンドの売上高を実現するにあたっては、アクセサリーの強化も不可欠ということで、Tod'sやAnna Fendiでの経験を持つSara Porroを採用。2008年の秋冬からは、MissoniやVivienne Westwoodのアクセサリーやフットウェアも手がけるAntichi Pellettieriとのライセンス契約でフットウェアのコレクションもスタートする計画のようです。さらにはErmenegildo Zegna傘下のNovasetaとネクタイとスカーフに関するライセンス契約を結ぶなど、着々と目標に向けて動いている様子。さらに現在の主要なマーケットとなっている日本やUKに加えて、ヨーロッパでもプレゼンスを確立すべく、ミラノやパリに旗艦店をオープンすることも考えているとか。まだまだどうなるかわからないですが、Kim Winser女史の手腕に期待ということで。
| Today's Wire | 01:37 | comments(0) | - |
Today's Wire 2007/08/10 (Fashion/Mode)
2007.08.11 Saturday
なんだか外に出るとサウナにでも入ったような気分になる一日でしたが、あそこまでくるとそれはそれで気持ちが良かったりして。


In Brief: Pringle Additions... (WWD)
 Pringle of Scotlandの人事のお話。International head of salesに41歳のFabio Guidettiが、national sales manager for North Americaに34歳のMark Winrowが任命されています。Fabio GuidettiはDonna KaranやCerrutiでの経験があり、Mark Winrowは以前Miu Miuで同じ職にあったそうな。


Nylon Comes to Urban Outfitters (WWD)
 Urban Outfittersに、Nylon magazineにインショップがオープンするというお話。9月に113カ所でローンチされるこのインショップでは、ウェアの他に音楽や本も取り扱うとのこと。ちょっと意外な組み合わせなような。時々見るとNYLON TVもおもしろいね。このNYの回なんてThe RaptureにMisShapesとベタだけどツボだったり。



Barneys’ New Future: Istithmar Wins Chain and Rollout Seen (WWD)
 まあ落ち着くところにきっちり落ち着いた感のある、Barney's New Yorkの買収劇。ドバイの政府系投資会社のIstithmarが改めて提示した9億4230万ドルという金額にファーストリテイリングは競り負けて撤退という形になりました。結局ファーストリテイリングの横槍は、買収価格を釣り上げてJones Apparel Groupがおいしい思いをさせただけ、という感じですな。買収は今年の第3四半期中には完了する予定。Istithmarのexecutive chairmanであるH.E. Sultan Ahmed Bin Sulayemのコメントによると、今後はUSでの出店拡大のみならず、海外展開を押し進めることで投資を回収していく方針の様子。直近では、San FranciscoやLas Vegasで今年中に店舗のオープンが計画されています。そして同じくIstithmarのCEOのDavid Jacksonが述べているとおり、彼らは留任が決まっている現CEOのHoward Socolを中心とするBarneysの経営陣の手腕を非常に買っているようで、Barneysの運営自体が大きく変わるわけではなさそうです。また、Co-op業態も積極的に展開していくようで、個人的にはこれを日本に早く導入してくれないかなーとか思っていたりして。しかしNHKが「ユニクロ デパート買収を断念」というヘッドラインを入れたのには衝撃を受けましたね。デパートだってさ。デパート。


Memo Pad: Winners and Losers... (WWD)
 2007年上半期の雑誌の発行部数の統計がABCからリリースされたようで。ここでいうABCというのは、Audit Bureau of Circulationsのこと。全般としては、ニッチな分野をターゲットにした雑誌やファッション誌、フィットネス誌、ティーン向け雑誌などは好調だったものの、万人向けの雑誌が苦戦、という状況のようです。前期比で15.7%減らしたVanity Fairはそうした傾向を象徴。ファッション誌ではElleが9.1%をはじめ、Vogueが4.6%、Luckyが9.4%、それぞれ増加。一方でMarie Claireは20.1%減とHachette Filipacchi傘下の雑誌でも、新編集部による改革が功を奏し始めていると思われるElleと明暗を分けた感じですな。ティーン誌ではCosmogirl、Teen Vogueが引き続き好調。また、DetailsやGQといった男性誌もそれぞれ10%程の増加を見せるなど、成長分野のひとつとなっているようです。リストはこんな感じで。

FIRST-HALF 2007 CIRCULATION FIGURES
NEWSTAND 07
NEWSTAND 06
% CHANGE
FASHION   
Allure
253,056
293,711
-13.8%
Cosmo
1,865,500

1,930,073

-3.3%
Elle
354,333
324,850
9.1%
Essence
254,698
279,717
-8.9%
Glamour
755,289
814,443
-7.3%
Harper's Bazaar
182,500
178,871
2.0%
In Style
753,358
783,388
-3.8%
Lucky
250,240
223,585
11.9%
Marie Claire
328,200
410,998
-20.1%
Self
360,229
364,638
-1.2%
Shape
376,684
374,789
0.5%
Town & Country
50,200
49,431
1.6%
Vanity Fair
355,190
421,095
-15.7%
Vogue
452,207
432,163
4.6%
W
38,974
50,688
-23.1%
Women's Health
275,284
181,008
52.1%
 
TEEN
Cosmogirl
369,200
352,911
4.6%
Seventeen
355,500
327,631
8.5%
Teen Vogue
238,713
218,777
9.1%
 
LIFE-STYLE/ SERVICE
Martha Stewart Living
307,300
300,194
2.4%
More
186,400
149,600
24.6%
O, The Oprah Magazine
887,800
890,965
-0.4%
Real Simple
398,137
393,861
1.1%
Redbook
244,500
280,816
-12.9%
 
MEN
Details
85,365
67,539
11.6%
Esquire
108,500
102,200
6.2%
GQ
223,452
215,980
3.5%
Maxim
483,281
490,150
-1.4%
Men's Health
547,958
542,092
1.1%
Men's Journal
75,323
70,145
7.4%
Stuff
170,747
258,317
-33.9%
| Today's Wire | 02:25 | comments(0) | - |
Today's Wire 2007/08/08-09 (Fashion/Mode)
2007.08.10 Friday
それほど大きなニュースはないのですが、8月8日と9日のFashion & Modeなニュースをまとめてご紹介。

American Eagle Aims to Connect With Consumer (WWD)
A Star is Clothed (Fashionista)
 American Eagle Outfitters Inc.がMySpaceやYouTubeを意識したような77Entertainment(77e)というオンラインメディアをローンチ。"It's a Mall World"というショートドラマも配信していたりします。MTVでも見れるようですが。まあサイトがちょっと重かったり、CMSがなんか微妙なのではないかと思われる部分があるのはさておき、そこそこよく出来ているのですが、そんなに何度もアクセスしないだろうなあ。もっと正直に言うと、もう1回アクセスすることはないかも。


SUFFERING FOR YOUR ART (British Vogue)
 Selfridgesのこの秋冬のディスプレイは、"Body Con"と題してGeorgia O'Keefeのペインティングにインスパイアされたものになっているというお話。例えば下の写真は、Herve Legerのドレスのディスプレイ。ジップアップを模したイエローのバックにブルーのマネキンという色の対比も鮮烈ですが、Londonのsex shopから集めてきたというLatexのストッキングやグローヴ、レザーとクロームのハーネス付きのブラトップのスタイリングもまたおもしろいですね。



New Man in Irvine: St. John Taps Glenn McMahon as CEO (WWD)
 St. Johnの新CEOが遂に決定。16ヶ月に及んだリクルーティングの結果選ばれたのは、現在 Dolce & Gabbana USAで社長を務めている48歳のGlenn McMahon。9月1日付での就任となります。2006年4月にSt, Johnのリニューアル戦略の失敗の責任をとって社を去ったRichard Cohenの後を受けて、暫定CEOとなっていたPhilip B. Millerを引き継いでいたBruce Fetterは、社長兼COOに戻るとのこと。Jim Kelleyは引き続き会長に留まります。Richard Cohen時代にSt. Johnから離れていた創業家のGray Familyや経営陣の復帰に影で大きな役割を果たしたと言われるspokesmodelであり株主でもある、Angelina Jolieとの契約は今度の2008SSで満了するようです。ただしAngelina Jolie以前にADを飾ってきた創業家のKelly Grayが再び登場することはないとのこと。


A BOY FOR JOY (British Vogue)
 Reutersなんかでも伝えられているくらいなので、既にご存知かとは思いますが、モデルのKaren ElsonとThe White StripesのJack Whiteとの間に2人目のお子さんが誕生。今度は男の子でございます。名前はHenry Lee White。もう15ヶ月になるScarlettちゃんの弟になるわけですね。Congrats!!
| Today's Wire | 00:22 | comments(0) | - |
Today's Wire 2007/08/07 (Fashion/Mode)
2007.08.08 Wednesday
8月7日に気になったFashion & Modeなニュースをささっとご紹介。秋物の早めのデリバリーで登場しているTシャツやカットソーをいまから着てしまえ、と売る側の思惑どおりに購入してしまう、愚かな私。


In Brief: Nike Chief Administrative Officer... Global Gildan... (WWD)
 Nike Inc.のVP兼chief administrative officerとして、Kleenex(クリネックス)などのブランドを傘下に持つKimberly-Clark Corp.に1987年来勤務し、最近ではsenior vice president of law兼government affairs兼chief compliance officerの要職にあったRon McCrayを採用したというお話。コンプライアンス系を強化しようということのようですね。


Karyn Fenn Resigns Topshop Post (WWD)
 TopShopの上層部はまだ何やらごたごたしている様子。Kate Mossの件を巡ってTopShopの親会社であるArcadia Group総帥のSir Philip Greenと対立して辞任したbrand directorのJane Shepherdsonの後を受けて、Mary HomerとともにJoint managing directorに昇格していたKaryn Fennが来年1月で退社するというニュースが。Mary Homerはmanaging directorに留まり、Karyn Fenの後任は多ない方針のようです。ちなみに次のKate Mossのコレクションは今月末に全世界でローンチされる予定です。これまた楽しみですねー。


Fashion Scoops: Champagne Wishes... Missoni's New Man... Chanel Gallery... (WWD)
 Neiman Marcusの創立100周年を記念して、Pradaが"Prada for Neiman Marcus 1907-2007"として20の限定アイテムを用意するというお話。ウェアはもちろんのこと、ハンドバッグからクロコのクラッチ、パンプスやスポーティなシューズなどが販売されるようで、いくつかのアイテムは限定された店舗のみでの取り扱いになるそうです。お値段も295ドルから8990ドルまでと結構幅広くなっております。興味のある方は是非。


Memo Pad: Aging, But They Still Read... First In, Last Out... God Is A Designer... (WWD)
 あまり大した話ではないのですが、Harper's BazaarのUK版が9月号から少し変わるというお話。このところUK版で使われていたHarper'sのロゴは、USをはじめワールドワイドで利用されているロゴと異なるデザインだったらしく、それが今回統一される運びになったということのようです。しかも記念に200個のSwarovskiで飾られるというおまけ付き。ちなみにUK版のEsquireも9月号からサイズを一回り小さくして、US版とほぼ同じ大きさになるそうな。



STYLE ME BEAUTIFUL (British Vogue)
 Missoniが"head of worldwide celebrity dressing and entertainment"という役職を新設し、Sienna MillerやDiane Kruger、Angelina Jolie、Penelope Cruzと働いた経験もあるスタイリストのEdward O'Sullivanを任命したというお話。Academy Awardsのred carpetを筆頭に、セレブリティによるパブリシティの重要性は年々高まる一方ですからねぇ。Edward O'Sullivan自身はMissoniのcreative directorであるMargherita Missoniとも友人で、過去に10ヶ月間フリーランスでMissoniと契約していたこともあるそうです。その後はPolo Ralph Laurenで5年間global senior director of celebrity dressing and entertainmentを担当していたとか。同時にEdward O'SullivanのPolo Ralph Lauren時代の同僚のMeredith KellerもMissoniのsenior manager of celebrity dressing and entertainmentに任命されたとか。まずはLiv Tyler、Ashley Judd、Cameron Diaz、Demi Moore、Drew Barrymoreら既存の顧客とのリレーションを強化するところから始めるようです。これからParty Coverageでも、Missoniの動向もちょっと気にしながら見ていきましょうかね。
| Today's Wire | 03:12 | comments(0) | - |